ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月15日 (火)

イタリア語でなんていう?

Non ho nessuna disposizione per lo studio...

 

このところ、とにかく語彙を増やそうと、できるだけ単語や慣用表現を覚えるため四苦八苦

していた。でももう頭の中は満杯状態で、コップから水が溢れ出すように、覚えたと思った

単語がポロポロとこぼれ落ちていく。なのであまりやる気がおこらず、サボリ気味。短期間

で詰め込みすぎなのか、はたまたキャパが小さいのか、思いたくないけど年齢のせいか。

それでもなんとなくは、記憶に残るだろうからもう少し諦めずに頑張ろうか。

 

単語を覚えていて面白いなと思うのは、覚えにくい単語や特に必須ではない単語ほど意

外としっかり覚えてなかなか忘れないこと。私の場合、例えばobliteratrice(打刻機)。

鉄道駅で乗車前に、ジーっ、ガッチャンと打刻しなきゃ、とかなり意識する黄色いあの機

械。故障していることも少なくなく、急いでいるときはちょっと面倒なんだけど、あのなんとも

レトロな感じがいい。年々変化していくイタリアの鉄道駅だけど、あの黄色いobliteratrice

はずっと無くならずにあってほしい。

 

あと、cisterna(貯水槽)という単語も。古いものがそこここに溢れるイタリアでよく見られ

る、様々な形や模様のcisterna。教会の片隅で雨ざらしになって水が貯まっていたり、町

の広場で風景の一部になっていたり、あるいは美しい彫刻が施され美術館に飾られてい

たり。何故とは上手く言えないけれどcisternaの持つ風情が好きで忘れられない言葉。

こんな感じで、記憶に残るのは、あまり重要じゃない言葉ばかり。

そうそう、“sincero”もその響きと意味が好き。誠実なとか、心からのという素敵な言葉。

 

そして、人と話をしたり、テレビを見ていて『これイタリア語でなんて言うの?』とよく聞かれ

る。でも悲しいかな、なかなか答えられない。先日聞かれたのが“糸杉”。テレビでトスカ

ーナの風景が映し出されたときだった。そんなん知らんし、と辞書を取り出し調べてみる

と“糸杉”はイタリア語で“cipresso”。

『イタリア行くんやったら覚えとかなあかんのちゃう?』

『えーーそう?糸杉なんて使わへんよ』

と言いつつしっかり覚えた“cipresso”。この問答、結構いいかもしれない。

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

 

イタリア基本単語集 新装版 (語学の基本図書) Book イタリア基本単語集 新装版 (語学の基本図書)

著者:秋山 余思
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これなら覚えられる!イタリア語単語帳 (CDブック) Book これなら覚えられる!イタリア語単語帳 (CDブック)

著者:武田 好
販売元:NHK出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月12日 (土)

イタリアで“百聞は一見にしかず”

 

vedere per credere

『百聞は一見にしかず』

 

異国へ行くと、一層実感するこの言葉。

日本で本やテレビ、写真で飽くほど見た風景も、自分の瞳に写すと驚きと感動の連続。

だから旅はやめられない。

vedere per credere、『百聞は一見にしかず』。

それは国語辞典では、『繰り返し他人の話を聞くよりも、実際に自分の目でたしかめて

みたほうがよくわかる』と書かれているけれど、直訳すると、『信じる為に見る』、つまり

『自分の目で見たものだけを信じよ!』という風に受け取れる。

 

一見してみて驚くうちの一つは、大きさ。やはり、実際目にしないと物質の大きさや形、

それがおかれた雰囲気というのは想像し難い。これまでに一番驚いたのは、エジプト・

ギザのピラミッド。この時の感動は忘れがたいけれど、二度目以降はそうそう、この佇ま

いだったと確認。初めての感動というのは、当たり前だけどたった一度しか味わえない

もの。イタリアではやはり教会で、ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院、フィレンツェのサンタ・

マリア・デル・フィオーレ教会など。その大きさ、豪華さ、華麗さ、そして荘厳な佇まいに

それはもうポカーンと口を開けっ放しの状態。そして百聞は一見しかずといえば、なんと

いっても絵画。私はどうもそんな初めての感動を常に求めているみたい。

 

時間に余裕があればお気に入りの場所へもリピートしたい。でも、同じ場所を何度も訪

れてリラックスするよりも、常に新しい発見や刺激を求めていたい。それ以上に、まだ見

ぬものに出会いたい。

というわけで、今回は大好きな町で暮らしながら、新たな一見を!と贅沢な望みを叶え、

おまけに一見ならず百見してやろうと考えている。

あ、これ先日の“イタリアで何でも見てやろう”と同じような話になったかもしれない。

でもそれが私の心からの望みなんです。

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

 

6 地球の歩き方 By Train イタリア鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN) Book 6 地球の歩き方 By Train イタリア鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)

著者:地球の歩き方編集室
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イタリア鉄道の旅―旅の心得「悦楽の自由旅行」 Book イタリア鉄道の旅―旅の心得「悦楽の自由旅行」

著者:秋山 満
販売元:光人社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月11日 (金)

“イタリア”との出会い

 

いつの間にか、すっかりイタリアびいきになっていた。

人生を変えたといってもいいくらい、今ではイタリアが生活の大部分を占めている。

日々何らかの形でイタリアと接するようになり、このクソ真面目な性格ってイタリア人と合

わないなとか、はっきりものを言うところ、あるいは皮肉っぽく人をからかうところが嫌だ、

なんて思いながら、なんだかんだと長い付き合いになりつつある。

でもよく考えると、日本人も割とズケズケもの言うし、結構皮肉っぽいんですね。特に私が

住む土地は。その分、情がわくとすごく親身。イタリア人とか日本人とか大きな枠で捉えず

に、個人として捉えると、世の中善人の方がずっと多いというのがよくわかる。

 

“イタリア”との出会いは、子供の頃。鍵っ子だった私のお守りや送り迎えをしてくれたの

が、両親の知人だったシニョーレ。10数年以上の間イタリアで暮らし、容貌も体型も、そ

して考え方も、すっかり日本人ばなれしたそのシニョーレ。子供心になんか一緒にいるの

がちょっと恥ずかしかったっけ。そんな人と一緒に長い日々を過ごしたのに、中高と進む

につれ、英語がまるでダメで、別に外国なんて行かなくていいもんと負け惜しみを言い、

イタリアにも興味を持たなかった。それが、友人に誘われていったイタリア旅行で運命の

開眼!そこからは旅の魅力に目覚め、今ではイタリア街道真っしぐら。少しずつ知るイタ

リアを通して、ちょっと変わってるなぁと思っていたそのシニョーレのことがやーっと良くわ

かった。自分の意見がしっかりあって、簡単にはそれを曲げないところとか、ユニークで

おおらかだけど実は頑固だとか、とにかくこだわりが深いとか。ふわふわ捉えどころのな

いジャポネーゼの私からみると、とにかく自己というものが明確で。彼の存在が私の初め

ての“イタリア”との出会いなのかも。余談だけれど、彼の作るカポナータは絶品中の絶品

と今も語られている。

 

そして今、遅ればせながらもうちょっとイタリアに近づきたいと思っている私。今では彼のそ

んな日本人ばなれしたところが、到底なれないなぁと感じつつうらやましく思い、自分の意

見を、考えをしっかり持ってそれをちゃんと表現できたらと思う。そして一方で日本人の持

つ独特の感性も大切にしたいとも思うんですね。

でもイタリアで以心伝心は期待しちゃダメ、かな。

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

 

 

バールのイタリア語 Book バールのイタリア語

著者:奥村 千穂
販売元:三修社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

お買いもののイタリア語 Book お買いもののイタリア語

著者:岩田 デノーラ 砂和子
販売元:三修社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月 8日 (火)

イタリアで何でも見てやろう

 

Povera me!!仕事でミスしてしまった。

近頃集中力が落ちてる...自分ではそんなつもりはないけれど、早くも気が緩んでし

まっているのかな。あと2ヶ月弱、気を引き締めて最後まで頑張らないと。2月は短い

から、あっという間に過ぎてしまう、きっと。

 

今回は久々にイタリア以外の国にも行くもんだから、その手配や情報収集が楽しくて。

本当に旅が好きで、一つところにじっとできないんです。常に変化を求めている。

旅への憧れの始まりは、沢木耕太郎さんの『深夜特急』。そして、その後に読んだ小田

実さんの『何でも見てやろう』だった(ちょっと古いけど)。どちらも繰り返し読んで、どちら

かというと、小田さんの好奇心いっぱいの旅が好きだった。飾り気のない文章の、小田

さんの見た世界に、ワクワクしたものです。

 

小田さんの時代に比べると、今は旅の手段も情報収集もずっと簡単、便利過ぎるくらい。

なんでもインターネットで手配できて、旅の最中のリスクも少なくなった。その分膨大な情

報に翻弄されて自分の目的を見失わないようにしないと、短い滞在はあっという間に過

ぎてしまう。とにかく“何でも見てやろう”の心意気で、目的を達成するためアクティヴに

過ごしたい。

 

それにはやはり言葉が大切で、言葉がわかるようになると、良くも悪くも色々なことが見

えてくる。イタリア語が少し話せるようになって、喜んでイタリアを再訪した昔、ローマで嫌

な言葉を浴びせられたことがあった。その頃はまだ今よりずっと打たれ弱かったから、ひ

どく落ち込んで、一日マイナスな気分で過ごしてしまったっけ。今なら、腹を立てながらも

聞き流せるようなことだけど。

きっと色々な苦労があるのだろうけど、海外で活躍する日本人がたくさんいるのはとても

嬉しく、すごいと思う。好きなことには苦労も苦労でなくなるって誰かが言っていたな。

マイノリティーとしての生活は、自分のアイデンティティーを再確認するいい機会、私も少

し年を重ねたけれどきっとまだ遅くはない、と思っている。

とにかく、許される時間で出来る限り何でも見てやろう。

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

 

iPodでとにかく使えるイタリア語 Book iPodでとにかく使えるイタリア語

著者:情報センター出版局
販売元:情報センター出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHKイタリア語 書ける!話せる!実用文例800 Book NHKイタリア語 書ける!話せる!実用文例800

著者:木下 大朗
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月 4日 (金)

イタリアからイージージェットで旅する

 

今回のイタリア滞在中に、近隣国へ行くためヨーロッパ間の航空券を検索。

安いと評判のeasy JetとRYANAIRで探してみたところ、やはりeasy Jetがなにかと

便利みたい。パリへ行くにも、RYANAIRはかなりマイナーで不便な空港を利用してい

るし、価格も今はeasy Jetのほうが安かったので、こちらに決定。

早く予約するほど安く、席が少なくなるほど価格が高くなるチケットだから、早々に

予定を決めて予約。英語だけでなく、イタリア語も選べたのでよかった。

 

ヴェネツィアからパリのシャルル・ド・ゴール空港までのチケットが34Euro。

それにカード決済手数料が12Euroほどだから、計46Euro=約5300円ほど。これは安い!

とにかくサービスを省いた格安航空券なので、必要に応じてオプションをつけます。

機内に荷物を預ける場合は1個につき11Euro(事前申告の場合)、当日は倍の22Euro。

座席は自由なので、先に乗り込んでいい席をとりたい人はプラス10Euro。

機内食はもちろん有料。あと保険などがあります。私は荷物は手荷物一つでOKだし、

特にこだわりはないので何も選びませんでした。

※ 正確な情報や手続きについては、easyJet.comでご確認ください。

 

こういうチケットがあるのはいいですね。周辺国へも割と気軽に行けちゃうな。

日本は交通費がやたらと高いから。こんなチケットがあると東京にも気軽にいけるのに。

それにしてもイタリア語の勉強しなきゃいけないのに、旅の計画ばかり考えてるヮ。

今から、ちょこっと頑張ろう。

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

 

 

旅ボン~イタリア編~ Book 旅ボン~イタリア編~

著者:ボンボヤージュ
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

関空飛行―団塊夫婦のためのヨーロッパ旅行術 Book 関空飛行―団塊夫婦のためのヨーロッパ旅行術

著者:久保 徹
販売元:星湖舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »