ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« マルケ紀行~ボルゴ巡りとアンコーナ(再) | トップページ | イタリアの野菜を味わう »

2011年4月28日 (木)

マルケ紀行~グラダーラ&ペーザロ

マルケ旅行の最終日。パスクワの翌日、パスクエッタもまだお休みのところが多いので

す。この日は、ヴァカンスを終えて自宅に戻る人が多く、渋滞を避けるため港町アンコー

ナを早めに出発し、ボローニャへ戻ります。

 

20110525_1  

 

その途中、グラダーラ(Gradara)というボルゴに立ち寄りました。

ここは、ダンテの『神曲』地獄編に登場する、パオロとフランチェスカの物語の舞台となっ

た町。私の好きなフランチェスコ・アイエツの絵画【Il Bacio】は、この二人の悲恋を取材

しています。以前私がそれに興味を持ったことを覚えていて下さったご夫妻が、この小さ

な村に立ち寄ってくださいました。

20110525_2  

 

メインストリートは土産店が立ち並び、祝日のこの日、小さな村は観光客でいっぱい。御

年配のツアー客も多く、とても人気のボルゴのようです。ここには小さなロッカ(城塞)

があり、内部を見学することができます。アンドレア・デッラ・ロッビアの、大変保存状態の

良いテラコッタの祭壇画も見所のひとつ。アイエツの絵のカードなども売られていました。

私たちが村を出る、11時頃には小さな小さな通りはものすごい人・人・人!!早めに来て

良かったね~と。

 

20110525_3  

 

そして再び北へと走り、ペーザロ(Pesaro)の町で昼食休憩を。市立美術館には、ジョヴァ

ンニ・ベッリーニの重要な作品があり、既に訪問済みのお二人は町で用事を済ませると

いうことで、美術館で解散。一人で美術館の中へ。ベッリーニの見事な祭壇画、そして

『Padre Eterno』という大胆な構図の作品は必見です。他にもヴェネツィア派の良い絵が

いくつかあり、こじんまりとした良質な美術館でした。

 

20110525_4  

 

そして昼食は、お魚料理が美味しい気楽なトラットリアへ。

私はグランキーノ(蟹)のスパゲッティを食べたのですが、これまたOttimoーー!

最後に好物のパンナコッタを食べ、これにて美食お魚ツアーは終了。このマルケ旅行で

久しぶりに海の幸を堪能しました♪

 

20110525_5  

 

帰りは少し渋滞があったようですが(というのも、爆睡してしまったから...)、ボローニャ

には16時に帰り着きました。今回いったいいくつの町やボルゴを訪れたのか!?

なにより、マルケの人たちの暖かくさりげないもてなしが嬉しく、たくさんの旅の思い出が

できた充実の楽しいマルケ旅行でした。

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« マルケ紀行~ボルゴ巡りとアンコーナ(再) | トップページ | イタリアの野菜を味わう »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

あっら! 二つのボルゴ、訪ねていないわ!!shock
アイエツの絵は ミラノのブレラにある「接吻」ですよね。
そう言う物語だったのですね。

それにしても、すごい人ですね。coldsweats02
日本のGWに該当するのでしょうか? 私たちの様に熟年(?)カップルが多いですね。
私たちが海辺の町に行きました時は、二人でお腹の調子が悪く、魚介類は食べる事が出来ませんでした。sad
次回?,絶対にチャレンジだわ。restaurant
そちらはイギリスの皇太子の結婚式の話題等、出ているのかしら?
日本では,一昨日位からTVで騒ぎだしましたが、今ひとつノリが悪いですね。(私も,全く興味が無いけれどbleah

BB様、こんばんは

ブレラのアイエツの『接吻』も、私が美術に興味を持つきっかけになった一枚で、
その舞台の村を訪れてとても嬉しかったんです。ここでは、その詳しいストーリーまで
ご紹介できませんが、またいつかちゃんと書いてみたいですね。

マルケは魚介が美味しく、お値段もヴェネツィアなどと比べるととっても良心的なので、
次回是非リベンジなさってくださいね~
こちらでもロイヤルウェディングは話題になっているようです。
でも、私の部屋にはTVがないのですよ~ニュースなど観たいんですけど、残念!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルケ紀行~ボルゴ巡りとアンコーナ(再) | トップページ | イタリアの野菜を味わう »