ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 授業の後、モデナへ | トップページ | 日曜日のミラノは大混雑 »

2011年4月17日 (日)

グエルチーノを探してチェントの町へ

 

今日は土曜日で、学校もお休みです♪

朝、ボローニャのご夫婦に車で迎えに来て頂きいて、フェッラーラ近郊のチェント(Ceento)

という町へ行ってきました。先日少し触れましたが、今最も関心のある画家グエルチーノ

の絵がこの町にたくさんあるということで、お連れいただいたわけなんです。

 
 
20110516_1

 

町の中心の広場には、彼の彫像が。

広場は、自転車に乗って集まったおじさんや家族連れで大変にぎわっていました。

グエルチーノは、1591年にこのチェントの町で生まれたボローニャ派の画家として知られ

る、バロック時代の画家です。最近日本で開催された、カポディモンテ美術展やボルゲー

ゼ美術展でも、見事な作品が展示されていました。グレルチーノは、教皇グレゴリオ15世

に招かれ、ローマで活躍し、最後はボローニャで1666年に亡くなりました。彼の名グレルチ

ーノは通称で、彼はグエルッチョ(斜視)だったことからグエルチーノと呼ばれるようになっ

たそうです。

 

20110516_2

 

カラッチ派の影響を受けていますが、カラッチほどアクがないように感じます。人物描写が

大変リアルで美しく、彼の書く老人は顔のシワまで細やかに描かれています。また衣装の

質感や色彩の表現も美しいですね。今回私のお気に入りになった絵がこの聖母子像。窓

からさす柔らかな光の美しいこと!

 

20110516_4  

 

そして、パラッツォを飾っていた一連のフレスコ画。これがまた素朴かつ表現豊かで、観て

いて楽しい作品でした。なかなか他では観ることができない作品を目にすることができ、今

回は本当に貴重な訪問でした。

 

20110516_3

他にも、20世紀の画家Giovan Battista Santiniが描いたトスカーナの情景のモストラや、こ

の町出身の画家、Aroldo Bonzaniの絵を飾る近代美術館も訪れ、Franco Morelliという現

代画家の美術展を観たり、と盛りだくさんのチェント訪問でした。

 

20110516_5  

 
帰りには、地ビールを飲ませるお店で冷た~い一杯。これがまた美味しくって!おつまみを

作ってもらって、お昼からお日様の下でビールを飲むなんて、なんて贅沢。そのあと少々

酔いがまわりましたが...

お買い物をして帰宅。仕事に行く前のロベルタと1時間ほどパスクワの計画や、これから

の滞在の話をして、今日はおとなしく家で過ごしました。気温が急に下がったので、少~し

風邪気味。今日は毛布を追加して休みます。

 

ブログランキング参加中、応援クリックお願いしまーす。Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 授業の後、モデナへ | トップページ | 日曜日のミラノは大混雑 »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

素敵な街ですね。
グエルチーノは斜視だったので、この名前がついたのね。
イタリアの画家は出身地の名前がついたり、体の特徴で呼ばれたりするのですね。
お相撲さんみたい。違うっかsmile

充実した一日だった様ですが、横浜も今日は寒いですよ。
この町の写真の人々の服装も、まちまちですね。
風邪,早く治して下さいね。
それにしても、ビールがおいしそうだわ〜〜〜♬

BB様へ

日本はまた寒さが戻っているそうですね。
どうかお体大切になさって下さい。
こちらも日々の気温と、朝晩の気温差が激しいので、
少し体がついていかない感じです。

チェントの町で他にも楽しいものを見かけたのですが、
それはまた帰国後にぼちぼち書いていきますね~
こちらに来てから、ワインよりビールが飲みたくって。
ワインの国ですが、地ビールはさすが美味しいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業の後、モデナへ | トップページ | 日曜日のミラノは大混雑 »