ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヴァカンス前日の落ち着かない一日 | トップページ | マルケ紀行~ボルゴ巡りとマチェラータ »

2011年4月23日 (土)

マルケ紀行~ロレート&アスコリ・ピチェーノ

 
今日は学校を休んで、ヴァカンスへ出発です。

今回の目的地はマルケ州!未訪の町ばかりでとっても楽しみ。

朝ボローニャのご夫妻に、アパートまでお迎え頂いて、車で出発!まずはBARで美味し

いドーナツとカップチーノでエネルギー補給。そして、マルケ州へ向かう途中にあるフォル

リで、BABBIの本社に立ち寄り、美味し~いチョコレートを仕入れました。

 

20110522_1

 
そしてアウトストラーダを南に走り、最初の目的地ロレートへ。

ここはカソリック教徒にとって重要なS.CASA(聖なる家)で知られる巡礼地。聖母マリ

アの家が、船に乗ってここロレートにトランスポートしたという奇跡の伝説があります。

我々にとっては美術巡礼です。書きたいことは山ほどあるのですが、今は大幅にカット

して、メッロッツォ・ダ・フォルリの絵が素晴らしかったことと、好きなロレンツォ・ロットの

絵画を6点も観られて、大々満足!

 
20110522_2

 

そして、昼食はロレートで海の幸を堪能。

久しぶりに新鮮な魚介を食べて、sono contenta molto♪

次の目的地はアスコリ・ピチェーノです。チェントロのホテルに泊まり、広場を散策しな

がら、主要な見所を観て回ります。ここではなんといっても、大聖堂のカルロ・クリヴェッ

リの祭壇画が必見。これだけでも、アスコリに来る価値ありです。とはいえ、欲を言えば

ピナコテカでもクリヴェッリ、ティツィアーノの絵を観たかったのですが、残念ながら修復

中で、半分も観られず、広場の有名な歴史的カッフェも修復中のため、キウーゾ。

 

20110522_3  

 

残念続きのアスコリ・ピチェーノでしたが、夕食に入ったロスティッチェリーアが、とっても

美味しく、おまけに感じが良く、気持ちの良い夜が過ごせました。とはいえ、昼食を食べ

過ぎたのと、夕食前に入ったビッレリーアのチェリービールが胃に残り、夕食は野菜のみ。

それでも、ここアスコリ名物の“オリーヴェ・アッラスコラーネ”を食べ、これまた名物の赤

のフリッザンテ“ヴェルナッチャ・ディ・セッラペトローナ”を飲み。どちらもOttimoでした!

  
  
20110522_4

 

そして、今日はパスクワ前夜の“パスクワ・ヴィジーレ”。TVでは、ローマのコロッセオで

法王様がお話をする姿が映されています。21時から広場で、儀式が始まりました。広場

にはたくさんの人が集まり、大聖堂はライトアップで美しく輝き、とても神秘的でした。

無宗教な私ですが、実は今日、キリスト教について、そのモラルや政治との関係について

の意見を聞く機会があり、良くも悪くも色々と考えさせられる一日でした。
 
明日もマルケ美術紀行は続きます!

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« ヴァカンス前日の落ち着かない一日 | トップページ | マルケ紀行~ボルゴ巡りとマチェラータ »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

ひゃ〜〜。なつかしい〜〜。
本当に、このフォルリはすばらしかったですよね。 
いつもね。次回来る時は,望遠鏡を持参しよう!しよう!と思いながら,忘れてしまいますぅ〜shock

アスコリ・ピチェーノ クリベッリは本当にすてきだったでしょ? たちまちクリベッリの虜となりました。
このマルケ州は,ウルビーノ以外は 中々行き難い所ですのに、ピナコテカ、修復中で残念でしたね〜。

さっ! 明日はどこにいくのでしょう〜〜か。 たのしみだわ〜〜!
お天気みたいで良かったですね。 
横浜は,嵐の様な天気で、もう4月末と言うのに、寒いですゥ〜。

BB様へ

このメロッツォ・ダ・フォルリ、先日フォルリの美術展を訪れたばかりなので、
より興味深く観ました。なんといっても色彩が見事ですね~

そして今日のマチェラータでもキウーゾだったんですよ。
折角ここまで来たのに~ガッカリ!
こちらも少し気温が下がってきました。(丘の上だからでしょうか?)
BB様も風邪などひかれませんように...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴァカンス前日の落ち着かない一日 | トップページ | マルケ紀行~ボルゴ巡りとマチェラータ »