ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« フィレンツェへ!迫力のドゥオモ | トップページ | シエナで過ごす初めての夜 »

2011年5月29日 (日)

フィレンツェでハプニング色々

 
フィレンツェ2日目の朝、ダイナミックな大聖堂のクーポラが観られるアパートメントは、残

念ながら一泊でチェックアウト。近くにある次のホテルへと向かいます。

 

住所を頼りに行ってみると、そこはカッフェ??周囲を探しても入り口は見つからず、仕方

なくホテルに電話をして聞いてみると、フィレンツェの住所はRossoとNeroの二つ表示があ

り、今はどちらか忘れてしまいましたが確かお店がRossoだったかも。1rと1nというふうに

同じ番号が2つ存在するんです。何かで読んだいたのですがすっかり忘れていました。

なんとかホテルに到着。私は大抵BOOKING.COMで予約しているのですが、今回フィレンツェ

でかなり安めのホテルを探しました。今夜のホテルは、日本語の画面でプライベートバス

ルームとあった部屋を予約したのですが、なんと部屋の外にあるそうで、さすがに母をそう

いうホテルに泊めるのはどうかなぁ、と思案しながらも観光にでることに。

 

20110522_1 

 

12番のバスに乗って、サン・ミニアート・アル・モンテ教会へ。その途中、ホテルの親切なお

兄さんから電話があり、室内バス付の部屋が空いたからそこへどうぞと。よかった!ただ

鍵を交換するため12時にはホテルに戻らないと。ミケランジェロ広場についた時点ですで

に12時、再度折り返して遅れる旨伝えて一安心。

 

20110522_2 

 

さて、丘の上の小さなサン・ミニアート・アル・モンテ教会。内部の装飾はとても味わいがあ

って素晴らしいのですが、ミサを行っていて、残念ながら今回は中を観ることができず。で

も晴天のおかげでフィレンツェの町をクリアに見渡すことができました。タクシーで帰ろうと

思ったら、乗り場にはタクシーの姿はなし。また12番のバスで駅へ戻ります。

ホテルへ帰り、新しい部屋を見せてもらうとバス付で段違いに広い。私の勘違いにもかか

わらず、この後も親切に根気強く対応して下さったシニョーレに心から感謝を。

 

20110522_3 

 

これで一安心。今回久しぶりにサンタ・クローチェ教会を訪れます。近くのエノテカ兼トラッ

トリアで昼食を。イタリアでも評判のお店らしいのですが...アンティパストは良かった、で

もパスタに塩味がついていなかった!その旨カメリエーレに伝えたけれど、別のものを出

してもらうにはあまりの蒸し暑さに疲れすぎていたので、そのままお会計を。パリで食べた

無塩パスタを思い出します。こういうことってあるんですね。

 

 20110522_4_2

 

気を取り直して、サンタ・クローチェ教会へ。ここは美術と霊廟の宝庫、時間をかけてゆっく

りと。以前時間がなくて断念した付属美術館には、ブロンツィーノなどなかなかの大作があ

り、立ち寄る価値は十分ありました。

 

20110522_5_5 

 

そろそろ休息をとらねば。ロッジアの市場のポルチェッリーノ(いのしし君)に再訪の願をか

けてホテルへ。

 

20110522_6 

 

夜、すっかりお世話になっているホテルのシニョーレや在住の知人に美味しいレストランを

訪ねてみたものの、『今日は日曜だなぁ、難しい!』との返答。お散歩がてら歩いて、中央

市場近くの日本人にもおなじみのトラットリアへ入りました。日本人スタッフの方もいらし

て、接客はまるで日本のそれのよう。お味はとてもよかったです。

あまりの足の痛さに、夜間も開いている薬局でサロンパスを買い(日本価格の3~5倍!?)、

ご機嫌でホテルに戻ると、母の財布がない!何度も確かめて、即カード会社へ連絡を。幸

いカードは使用されておらず、現金も小額でした。私も十数年前にフィレンツェでカメラをす

られましたから...疲れが出る後半、再度気を引き締めて。

気を取り直して、明日はシエナ! 

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« フィレンツェへ!迫力のドゥオモ | トップページ | シエナで過ごす初めての夜 »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

おぉ==! 懐かしの12番のバスだわ〜〜!
次回の旅は、この広場に登っていく途中のホテルを考えています。

お財布、盗られたのですか? もう、心臓が口から飛び出しそうにビックリしたでしょ?
すぐにカード会社に電話って、イタリア語でしょうか? すごぉ〜〜い! 尊敬しますぅ〜〜!good

BB様へ

広場途中のホテル?あの辺りは別荘や豪邸地帯ですよね。いいなァ~
お財布の件は、なんとなくトラブルの一つもありそうな気がしていたので、
割とたんたんと処理しました。
母もあんな早口のイタリア語がわかるなんてスゴイと言ってくれましたが、
話すほうも同じくらい進歩するといいんですけどねぇ、ナカナカ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィレンツェへ!迫力のドゥオモ | トップページ | シエナで過ごす初めての夜 »