ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« パリ発、ユーロスターでロンドンへ | トップページ | ボローニャで休息を »

2011年5月24日 (火)

ロンドンでアート、おまけにパプ

 

今日は一日ロンドン観光です。朝ゆっくりしようと言いながら、結局いつも早く目が覚めて、

8時過ぎにはホテルを出発。近くのスターバックスで、チャイとマフィンの簡単な朝食を。

 
 
20110515_1

 

今日もチューブの一日乗車券を購入し、朝一番にウェストミンスター寺院へ行ってきまし

た。今回のロンドンは、チューブを大活用。真っ赤なバスのデッカー車にも乗りたかったけ

れど、コースがよくわからないのと、行き先が合わず利用せず。これだけが残念です。

ウェストミンスター駅を降り、地上に上がるとドーンとビッグベンがそびえ立っていてちょっ

と感激。名前からもっとごつい塔を想像していましたが、なかなか趣があって素敵。国会議

事堂の建物もとても壮麗で落ち着きがあります。日曜日のウェストミンスター寺院はミサの

ため残念ながら観光客は入れませんが、外からの眺めで満足。

 

20110515_2  

 

再びチューブに乗り、今度はチャリング・クロス駅下車。今回最後のメインイベント、ロンド

ン・ナショナル・ギャラリーに到着です。美術館への途中に良さげなパブがあるのをチェッ

クして、美術館へ。まずはイタリアルネッサンス絵画から観ていきます。

ルーヴル美術館も大変なコレクションでしたが、こちらのほうが量も少なく写真撮影が不可

なので、ゆっくり絵を楽しむことができました。それにしてもなんと上質なコレクション!この

絵はここにあったのか!と思うことしきり。お目当てはベッリーニの『ドージェの肖像』、ティ

ツィアーノの『バッカスとアリアドネ』、ロットの『貴婦人の肖像』などなど、数え切れないほど

ありますが、全て目にすることができ、思い残すことなし。

 

20110515_3

 

途中、パブでフィッシュ・アンド・チップスとステーキ、最高に美味しいビールで昼食を取り、

再び美術館に戻って鑑賞を。カラヴァッジョ、グエルチーノ、レンブラント、ヴァン・ダイクな

どなど、見事な作品のオンパレードにロンドン来て良かった!と心底思いました。

 

20110515_4 

 

3時になり、再び美術館内のレストランで休憩を。3時からはアフタヌーンティーが楽しめる

んです。初めてなので、紅茶と簡単なクラシックティーを頼みました。とはいえサンドウィッ

チ、スコーン、ケーキとしっかり3段のタワーが。スコーンのクリームが美味しい!!ケーキ

は少々甘すぎましたが、ほぼ完食。一度食べてみたかったアフタヌーンティー、こんな感じ

なんですねぇ、日本ではまず出来ないこの優雅な時間、ゆっくり楽しみました。

そして残りの絵画を観て、美術館の完全本を購入。イタリア語を選ぶとレジのお姉さんが

『イタリア語だけどいいの?』と。『いいんです』とイタリア語で答えると、『あらっ!』と笑う

彼女はイタリア人。ロンドンは本当にインターナショナルです。

 

20110515_5  

 

充実の時間を過ごした後、美術館を出てチューブに乗り、ヴィクトリア駅下車。バッキンガ

ム宮殿へ向かいました。金ぴかの紋章で飾られた門はしっかり閉ざされ、中の遠いところ

に衛兵がいました。しっかりおのぼりさんして、記念撮影を撮ってきました。

そして、最後にピカデリー・サーカスで降り、ジャパン・センターへ。ここで日本食をゲット。

自分用にはおそばを。お土産にお豆腐などを購入。やはりイギリスは日本人が多いため、

日本食も充実しています、すごい!

 

ようやくホテルのある駅に戻り、鉛のようになった足を引きづりながらホテルにたどりつき

ました。夕食はすっかりお気に入りになったパブで、スープやパイの夕食を。今回はビー

ルをしっかり堪能。イギリスのビールは最高です。

今回のロンドン、思いっきり楽しみました。イギリスもなかなか良いですねぇ、でもやっぱり

イタリアが好き!なんですが。

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« パリ発、ユーロスターでロンドンへ | トップページ | ボローニャで休息を »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

イギリスもいいでしょ?
BBはイギリスに姉夫婦が住んでいるので、あらゆる所を案内してもらいましたが
イギリスが素敵!と感じるのは、田舎に行った時!とも思いましたので、
いつかチャンスがあったらお出かけになるといいですよ〜〜! 本当に癒されます。
ナショナル・ギャラリー。 我が家も是非にクリヴェッリを見に行かなくては!! と思っています。
短い時間に、充分に堪能した旅でしたね。
アフタヌンティ−も おいしそう==!

BB様、おはようございます!
 
ロンドン、イタリアから行くとパリよりも異国を感じられて楽しかったです。
色々なドラマや小説を思い出しながらの旅でしたので、
どこか懐かしいような感じもしました。
イギリスの田舎、きっとお庭がきれいで素敵でしょうね。癒されたいです。


ナショナル・ギャラリーの雰囲気がとっても気に入って、ここはいつか再訪できたらなと思います。
BB様も久しぶりのお姉さまとの時間を楽しんで下さいませ!

Ayumiさん、Salve~~!!

アクティブな日々、毎回感心しながら拝見させていただいてます。
しかも、まさに、来月親達を連れて英仏に行くので、旅の準備のつもりで読ませていただきました!
パリでもロンドンでもイタリア語が使えるのがまたうれしい(笑)

せっかくヨーロッパに行くのにイタリアに行かないなんて!
とちょっと不機嫌でしたが(苦笑)、
機嫌直して初の2国を楽しんでこようと思います♫

引き続き、体調にお気を付けて、Buon divertimento, Buon viaggio e Buon studio!!

yoriさん、Salve!

なにかとお忙しい毎日かと思いますが、コメントありがとうございます!
私も美術がお目当てでパリ・ロンドンを訪れたのですが、
それ以上に他のことも(主にパブ!?)大いに楽しめました。
イタリアの良いところ悪いところを再発見したり。
yoriさんもご家族皆さんでどうぞ楽しいご旅行を♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ発、ユーロスターでロンドンへ | トップページ | ボローニャで休息を »