ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« トスカーナへ!スカンディッチ&フィエーゾレ | トップページ | ボローニャのマドンナ、サンルーカ聖堂へ »

2011年5月 2日 (月)

三色旗の町、レッジョ・エミリアへ

 

今日5月1日、イタリアはメーデーのフェスタ(祝日)で、お店はほとんどキウーゾ。各地で

イベントやセレモニーが行われています。
 

20110501_1  

 
そんなフェスタの今日、列車でレッジョ・エミリアへ遊びに行ってきました。

レッジョ・エミリアはモデナとパルマの間にある町で、パルマと同じくパルミジャーノ・レッジ

ャーノのチーズで知られる美食の町です。少しゆっくり目に出発し、レッジョには11時に到

着。町のメインストリートはたくさんの人で賑わい、大通りにはたくさんの旗が掲げられて

いました。レッジョ・エミリアは、イタリアの三色旗が生まれた地。ナポレオンの支配下に

あった1797年、現在の市庁舎で赤・白・緑のトリコローレが考え出されました。このたくさ

んの旗は、イタリア統一150周年の今年を祝ってのものなのか、華やかに町を演出してい

ます。
 
 

20110501_3  

 
そして 、広場ではメルカートが開かれていました。風船売りやドンキーちゃんもいて、

子供たちは大喜び。私も折角なので強烈にクセのある二つの味、プロポリス(Propoli)と

リクイリツィア(Liquirizia)の飴を買い求めました。う~ん、美味しいような不味いような...

体には良さそうですが。

 

20110501_4

 

この町でもっとも印象に残ったのは、ギアラ聖堂。

グエルチーノの絵画やルドヴィコ・カラッチらのフレスコ画が見事で、鮮やかに描かれた

聖堂内部は圧巻です。

 

20110501_2  

 

今日はレストランもほとんどがお休みなので、昼食は簡単にチェントロのトラットリアでと

り、大きな公園で休憩。木漏れ日の下、ベンチに座ってこれから先の計画を立てたり勉

強wをしたり。快晴の今日、私にしては珍しくのんびりと過ごしました。

 

20110501_5  

 

駅を戻る途中、フェスタのパレードが始まったのでしばし眺めたり。メーデーの旗の中に

は、原発反対を示す“FUKUSIMA MAI NUCLEARE”の文字も見られました。

 

そして今、もう一つ大きなセレモニーが行われています。

それは、前法王パオロⅡ世のBeatificazione(ベアティフィカツィオーネ)。ベアティフィカツィ

オーネとは列福式、つまり福者(ベアート)に列せされるわけです。空飛ぶ法王とも言われ、

非常に活動的に前例のないことをたくさん成し遂げたパオロⅡ世の人気は高く、カソリッ

ク教徒ならずとも、信者でない我々の目にも非常に徳の高い方と映っていました。そし

て通常何年もかかるこの道も、早く聖人へ!ということで異例のスピードで事が運び、今

回のベアティフィカツィオーネとなったようです。そのため、今ローマには世界中からカソリ

ック信者たちが訪れています。
 
また、昨日仕事でヴェネツィアを訪れたロベルタの話では、サンマルコ寺院のバルコニー

から広場を見下ろすと、床が見えないくらいほどたくさんの人で埋め尽くされていたそうで

す。私も近々ローマ、ヴェネツィアを訪れる予定ですので、覚悟して!

その点ボローニャは観光客も少なく、ほどよく賑やかで、ほどよく落ち着いた住み心地の

いい町ですね。

 

たくさんの方にご覧頂いているようで嬉しいです。応援クリックもありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« トスカーナへ!スカンディッチ&フィエーゾレ | トップページ | ボローニャのマドンナ、サンルーカ聖堂へ »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

まだ、訪れた事の無い街を こうして居ながらにして堪能出来て嬉しいです。
フレスコ画、とてもきれい〜〜!
パオロⅡ世の列福式 日本の新聞にも出ていましたが、あの方のお人柄 とても素敵でしたものね.
ポーランドに旅した時に、教会には必ずと言って良い程,お写真がありました。

でも、正直、その時期にイタリアに旅をしていなくてよかったわ〜〜!
ローマでは大変な人でしたものね。coldsweats02

暫く、この余波は続くのですね。

BB様へ

次回の旅のご参考になると嬉しいです。
何人かの方に話を聞きましたが、信者でなくともパオロⅡ世の
優しい言葉を聞くと幸せになれたそうですよ。素晴らしいですね。

通常でも人の多いローマやヴェネツィア、今はそれ以上なんですね~
さてどうなるやら...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トスカーナへ!スカンディッチ&フィエーゾレ | トップページ | ボローニャのマドンナ、サンルーカ聖堂へ »