ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« パリ、念願のルーヴル美術館 | トップページ | ロンドンでアート、おまけにパプ »

2011年5月24日 (火)

パリ発、ユーロスターでロンドンへ

 

今日はパリを発ち、ロンドンへ向かいます。たった一日少々のパリ、結局訪れたのはノー

トルダム寺院とルーヴル美術館、オペラ座の外観だけでしたが、満足度は高く、心残りなく

旅立てます。

 
20110514_1  

 

さて、パリの北駅からユーロスターに乗るのですが、予約したチケットの発券機が見つから

ず、右往左往。結局2階にあることがわかり、無事チェックインできました。手続きは飛行

機の搭乗とほぼ同じで、かなり厳重です。

 

2等だったからか、列車の座席も思ったよりも狭く、座り心地はいまひとつでしたが、列車

は揺れもほとんどなく快適に進み、車窓の風景も緑の濃い穏やかな田園が続き、飛行機

よりもこちらのほうが快適かもしれません。

 
 
20110514_2  
 
さて、約2時間でロンドンに到着です。地下鉄に乗って、ホテルに向かうのですが、ユーロ

スアーはウォータールーに到着すると思い込んでいたら、キングスクロス駅に到着してい

て、少々頭が混乱。でも無事週末券を購入し、今回のホテルがあるラッセル・スクエアに

向かいました。

 

ホテルはまだ部屋に入れないので、歩いてすぐのところにある大英博物館へ向かいます。

イギリスの美術館は寄付制度のところが多く、ここも同じ制度で膨大なコレクションを公開

しています。内部は大変広く、特に目当てがない私たちは、1フロアを一回り。でも一度観

てみたいと思っていたエジプトの壁画やアウグストゥスの胸像など、見つけることができま

した。

20110514_3 

 

そして、博物館の前にあるパブでフィッシュ・アンド・チップスと、エールを。イギリスではこ

れを楽しみにしていましたが、すっかりその雰囲気がお気に入りとなり、この後何度もパブに。

日本でもこういうパブがあるでしょうか、また帰国後探してみよう。

 

ホテルに戻って、しばし休憩。再び町に出て、今度はタワー・ブリッジを見に行くことに。で

も、地下鉄のサークル線が何故かタワーヒルの手前までしか行かず、何人かに聞いても

なまりがつよくて言葉がわからない。イギリスは移民の人が多いから意外と英語が通じにく

い、という話に納得です。それにしてもインターナショナルな町ですね、ロンドンは。

 

20110514_4

 

結局あきらめて別の線でロンドン・ブリッジへ。ここから一つ向こうの橋を眺めました。なか

なか壮大で気持ちいい。また、ロンドンには新しい高層ビルが建築中で、そのユニークな

形にも驚き。近くの教会から鐘の音がリンゴンリンゴンと鳴り響いています。鐘の練習を

しているのでしょうか、とても素敵でした。イギリスの小説やドラマが好きな私たちは、駅名

やその雰囲気にとても親しみがあって、あぁ、これが!と思うことしきり。

 
そろそろ夕食にしようと、ホテルの近くへ戻ります。大通りを歩いて、インド料理店で

久しぶりにエスニックを。今日もよく歩きました!

明日も一日、ロンドン街歩きです。

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« パリ、念願のルーヴル美術館 | トップページ | ロンドンでアート、おまけにパプ »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ、念願のルーヴル美術館 | トップページ | ロンドンでアート、おまけにパプ »