ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ローマより近況報告 | トップページ | 何度でも!お気に入りのラヴェンナ »

2011年5月26日 (木)

思い出のウルビーノへ再び

今日から2日間、ボローニャから小旅行に出かけます。

最初に訪れるのはウルビーノ。母が是非モンテフェルトロ公のストゥディオーロを実際に観

てみたいといい、私も一度夏のウルビーノを訪れてみたかったから。

前回訪れたのは冬の12月半ば、初めての一人旅。とても寒くて、5時ごろにはもう日が暮

れ、長い旅の休息をここで取り、窓からマルケののどかな風景を眺めながら、のんびりと

過ごしたことを覚えています。

それとは打って変わって、瑞々しい緑が目にしみるほど濃い、初夏のウルビーノ。ボロー

ニャから普通列車に乗って、ペーザロで下車。そこからはバスで40分前後で到着します。

  

20110518_1 

 
ドゥカーレ宮殿の脇にあるホテルに小さな荷物を置いて、まずは昼食を。最近は日本のツ

アーでもこのウルビーノに立ち寄るコースがあるようですが、私たちが訪れたレストランは

そのツアーで利用されるそうで、店主の方が今回の災害で6、7月はキャンセルになってし

まったとおっしゃっていました。写真はここの名物サルシッチャのオイル漬け。

 

20110518_2  

 

美味しい昼食の後、カッフェを飲んで町歩き。早速息を切らせながら坂を登って登って。す

ると陽気なおじさんが、『この坂の上には素晴らし~い景色が待ってるよ!』っとちょっと興

奮気味。坂の上のローマ広場には、ここウルビーノが生んだ画家ラファエッロの像が建っ

ています。そこから少し歩いていくと公園があり、眺めがとても素晴らしいんです。ドゥカー

レ宮を一望し、前回の一人旅でその眺めを求めて歩き回ったことを思い出しました。

 

20110518_4  

 

さて、前回のウルビーノで私が気に入ったのが、鮮やかなフレスコ画が描かれた祈祷所。

そこに母を案内しました。まるで船の中にいるような気分で、長い時間を過ごしたことを思

い出します。

そして、ラファエッロの生家を訪れた後、少し休憩をしてドゥカーレ宮殿へ。とにかく広い内

部ですので、かなり足にこたえます。お目当てのストゥディオーロに行くと、係員の方が『こ

っちから観てご覧。そしてこっちへ歩いて』と。するとさっきまで右を向いていた柄が、左か

ら観ると左向きに。他には前回気づかなかった騙し絵の詳細を教えてもらって、楽しい鑑

賞となりました。また、『バルコニーからの景色を観て!』と別の係員の方の後について行

くと、そこにはマルケの穏やかな風景を一望できるバルコーネがありました。他の方も日

本人の私になにかと親切に説明して下さって、日本人頑張れ!っとの声も。先日のマルケ

紀行でも感じましたが、マルキジャーニの自然なホスピタリティーは旅人にはとても温かく

感じます。

20110518_5_2

 

  
充実の鑑賞を終え、ホテルで一休み。夜は前回訪れたレプッブリカ広場すぐのトラットリア

へ。ここのお料理は優しい味で、胃が休まります。

 

20110518_6  

 

夜景を楽しみながらお散歩し、日本とは違う時間の流れを感じながら、ウルビーノの夜を

楽しみました。

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« ローマより近況報告 | トップページ | 何度でも!お気に入りのラヴェンナ »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

私にとっても想い出深いウルビーノ、
季節が違ったり、お天気だったりすると こんなにも明るいのですね。
もう一度 今みたいな季節に訪れてみたいわ~

forchettaさん、こんばんは!
 
初めの時にお勧めいただいたトラットリアへまた行ってきました!
優しい味が母も大変気に入って、楽しい晩餐となりました。

ウルビーノはやはり特別な町ですね。
レンガの色が淡くて優しい感じで、町全体が穏やかな印象を受けるねと
話していたんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローマより近況報告 | トップページ | 何度でも!お気に入りのラヴェンナ »