ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 緑濃いスポレートの町 | トップページ | 旅の終わりにもう一度フィレンツェへ »

2011年6月 3日 (金)

中世の町、芸術の町ペルージャ

 

今日は一日ペルージャで過ごします。11月4日広場(Piazza Ⅳ Novembre)を始点にして、

ピサーノが手がけた大噴水を観てみると、表現豊かなとても楽しい意匠。これはオリジナ

ル?保存状態がとても良いですね。

 

20110529_1

 

広場を拠点に、まずは西側にあるアウグストゥス門へ。か~なり急な坂をコワゴワと下り

て、そしてまた上って。これはかなりハードで、急ぎ足の男性は大汗をかいていました。

でも、中世の町並みが美しく残るペルージャはとても趣があって魅力的です。

  

20110529_2

  

私が気に入ったのは町の西側にあるサン・ベルナルディーノ祈祷所。アゴスティーノ・ディ・

ドゥッチョ作の浮き彫りがとても品良く、もっとも印象に残っています。 

 

20110529_3

 

今度は北へ下りて、ペルージャでもっとも大きな教会サン・ドメニコ教会へ。さすがに疲れ

たので、休憩を兼ねて昼食を。日曜日のこの日は、広場に露天が出ていたので、ウンブリ

アでよく見られる、ポルケッタのパニーノを試してみました。豚さんの顔がとても痛々しいの

ですが、皮はパリっと中はジューシーでとても美味しかったです。

 

20110529_4

 

最後にもう一度11月4日広場に戻って、プリオリ館へ。公証人の間は、素人さんの演奏会

が開かれ、小さな男の子がトランペットを吹いていました。内部の装飾は色彩豊かで、か

わいらしい絵が残されています。両替商ギルド(Collegio del Cambio)のペルジーノのフレ

スコ画も必見。

 

20110529_5

最後にウンブリア国立美術館へ。ピエロ・デッラ・フランチェスカとフラ・アンジェリコの祭壇

画は忘れがたく、美術館自体もとてもよく整備され、観やすく綺麗だったので、ゆっくりと楽

しむことができました。

  

20110529_6

 

外へ出ると、時代衣装を来た人たちが行進を。

 

20110529_7

 

最後に竹馬のような足の女性が待って~~!と走っていて、とてもかわいかったな。 

 

応援クリック頂けると嬉しいです!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 緑濃いスポレートの町 | トップページ | 旅の終わりにもう一度フィレンツェへ »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

ペルージャも良いですよね〜。美味しいレストランも発見しているので、
いつかまた行ってみたいです。
この日は何かお祭りでもあったのですか? 小さな男の子のトランペットと演奏会,聴きたかったわ〜。
この公証人の間は国立美術館からも覗けましたよね。

さて、欧州では「O104」の大腸菌で18名もの死亡者が出た!
とニュースでやっていましたが、生野菜は食べない方が良いのでしょうかね? 心配ですね。
risonetta さんも 手洗い、料理は熱を加える等,注意して下さいね。
(って、突然母親になりまちたぁ〜〜!bleah

BB様

ありがとうございます♪
生野菜は気にせず食べていますが、水洗いや手洗いは気をつけるように
しています。でも、こちらの人は手を洗わない人が多いような...?

この日は日曜日だったからか、色々と賑わっていました。
イタリアでは、どこからか音楽が聞こえてきて楽しいですね。
この日もプリオリ館の前で、甲高い声のおじさんが歌っていて、
ちょっと笑ってしまいましたが、結構人気者でしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑濃いスポレートの町 | トップページ | 旅の終わりにもう一度フィレンツェへ »