ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ボルツァーノでフニヴィーアの空中散歩 | トップページ | イタリアのカントに拍手を! »

2011年6月17日 (金)

トレニーノに乗って絶景を見に行こう!

 

今日は朝にボルツァーノを出発し、トレントに寄ってからボローニャに帰る予定でした。でも

昨日訪れたソープラボルツァーノからの先が気になり、これは今回行かなければ絶対後

悔するなと思い、予定を変更。再びフニヴィーア(ロープウェイ)に乗って山の上へ行ってき

ました。

 

20110616_1  

 

ボルツァーノの町から出ているフニヴィーアに乗り、終点に着くとそこからはレノン鉄道が

走っています。とってもレトロでかわいらしいノスタルジックな車両と、モダンな車両の二種

類あります。私が乗り込んだあとに、ドイツ人とおぼしき年配の団体さんが乗車してきたの

で席を譲りましたが、どうみても私の2~3倍はありそうな頑強なご婦人たち。細身の私な

どひょいっとつまみあげられそうです。金髪で青い目の彼らの中に、東洋人一人。いつも

のように声をかけられることもなく、遠巻きに観察されているようで居心地はあまりよくあり

ませんでしたが、致し方ないですね。

  

20110616_3  

  

それはさておき、100年の歴史があるトレニーノに乗って、アルプスの町レノンの標高1154

mにあるコッラルボへやってきました。私は小さなコッラルボの駅からテクテク歩き、40分

ほど経ったでしょうか、ようやく望んでいた絶景が観られました。標高3,004mのCatinaccio

d'Antemoiaです。雲がかかっていましたが、その分どこか神秘的。

  

20110616_4  

 

そして、ここにはピラミディPiramidiという、自然が作り出した奇岩があり、ボルツァーノから

も観光バスで観にやってくる人も多いようです。先ほどのフニヴィーアからも同じような奇

岩が観られますが、ここはまとまってできた場所。もしかしたら、もっと近くから観ることが

できるかもしれません。

  

20110616_5

 

行く先には長閑な風景が広がっていますが、先日から痛めている足が限界にきているよう

なので、大事をとって途中で引き返しました。団体さんも、ライダーも、そして小さな子供さ

んたちも、たくさんの人が訪れるお散歩コースなので、ボルツァーノから気軽に来られる場

所です。

 

20110616_2

途中にはこんなかわいい子ヤギさんもいましたよ。

体は元気なのに足が動かないのがもどかしい!日本に帰ったら本格的にトレッキングします。

 

応援クリックも宜しくお願いいたしまーす!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« ボルツァーノでフニヴィーアの空中散歩 | トップページ | イタリアのカントに拍手を! »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

うぅ==ん。とてもイタリアとは思えない景色だわ〜。

このおばさま達とご一緒だったのね。
risonettaさんなら おしくらまんじゅうで つぶれそぉ〜〜〜〜!
さながらBBでしたら、床に倒されて,ペラペラの薄っぺらにされそうだわ〜〜。

でも、とてものどかなところですね。
トレントもとても良い所ですので、足が治ったら是非にお薦めっす。scissors

BB様へ

この列車の写真は帰りに降りたときに撮ったものなのですが、
こんな感じで、みなさん団体で来られていました。
でも列車は日本人サイズなので、体の大きな彼らが乗ると
遊園地の子供の列車みたいでした(笑)
 
山の景色は最高ですね!
避暑というには暑かったのですが、
ホテルもたくさんあり、のんびり過ごすにはいい場所です。
BB様もどうぞご無理なさらずに、お大事になさって下さいね。

ボンジョルノ 初めてのコメントです。
この時期 ボルザーノあたりの緑ってとっても鮮やかですよね。
神秘的な雲を頂く カテナッチョも いいですねぇ。
素敵な選択をされました。 大正解!だとオバは思います。
イタリアって ほんと面白い国だと思います。
次回の旅レポート 楽しみにしています!

わあ、やっぱり鉄道は動いているのですね。(そりゃそうよね。)

これはやはりリベンジしなくては!

私はfuniviaの架け替え工事に伴い、レノン鉄道も点検で休業中のバッドタイミングに
訪れたのでした。
仕方なくバスでSobraborzanoへ向かう途中、くっきり見えたカテナッチョが
神秘的だったなあ。
バスから見たこの辺りには、可愛くて清潔そうな集落が点在していて、トレッキングなどには
最適ではないかしらね。

FLORENTIA55様へ

Buonasera!
こちらにもコメントをありがとうございます。
イタリアの様々な表情にすっかり魅せられています。

それにしても、ドロミテの景色は雄大で素晴らしいですね。
戻ってみて本当によかったです。これは忘れられない思い出になります。
是非また戻りたいですね、山へ。


forchettaさんへ

レノン鉄道の旅、とても楽しかったですよ~
先日のforchettaさんのコメントからその先がとっても気になって、
再び行ってきました。きっかけを与えて下さったこと、心から感謝しています。

本当にこの辺りは散策にぴったりで、歩きたくってうずうずしました。
私もまたいつかきっと再訪します。forchettaさんも是非リベンジを!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボルツァーノでフニヴィーアの空中散歩 | トップページ | イタリアのカントに拍手を! »