ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヴェネツィアで一番好きな...は? | トップページ | フェスタで賑わうフィレンツェの町 »

2011年6月23日 (木)

真夏日のボローニャで美術展とパブ

 

今日は珍しく全員勢ぞろいの朝。ロベルタが常に規則を求めるからか、どこか緊張感のあ

る家ですが、今日はなんとはなく皆リラックスした雰囲気。私を筆頭に頓珍漢な会話が飛

び交いました。朝はスーパーに日用品を買いに行き、帰ってからまたまたパッキングを。こ

れ以上減らすことも増やすこともできず、頭を悩ましています。

 

20110622_1  

 

午後はボローニャの奥様と待ち合わせをし、現在チェントロで開催中の展覧会へ。

まず一つは、Museo Ebraico(ヘブライ美術館)で開催中のShlomith Haber Scha​imの展覧

会へ。EX GETTO(旧ゲットー地区)にある小さな美術館、少々物々しい門を開けてもらい

中に入ります。エルサレム出身の彼女が描いた絵は、優しいアースカラーと、何気ないよ

うで絶妙に配された構図が美しい作品。激しい主張はなく、あくまで穏やかですが、とても

心に残る作品です。

 

20110622_2  

 

もう一つはモンテ財団主催の展覧会“De Vita”。こちらはかなりシュールでちょっととっつき

がなかったのですが、その美術館の存在に興味惹かれました。

  

20110622_3  

 

そして、ボローニャで一度入ってみたいと思っていたパブでフレッシュなビールを一杯。

ここでおしゃべりをしながら、小一時間を過ごしたのですが、嬉しいことに徐々に帰国の日

が近づく私に一冊の本をプレゼントしていただきました。私のライフワークになりつつある

ティツィアーノ絵画巡り、それを応援して下さっている奥様から、彼について書かれた『Su

Tiziano』という本を頂きました。今回の滞在の成果で読めるか、というとプレッシャーを感

じる域にも程遠いのが悲しいのですが、でも絶対年内に完読を誓い、今日から早速読み

始めます。

  

20110622_4

 

帰りに、カッフェで美味しいマッキアートを飲み、アルキジンナージオ館へ。

現在ここでは、イタリア統一150周年を記念した小さな展覧会を開催中。当時の記事や

カリカチュアなど、リソルジメントの貴重な資料が展示されていました。

 

20110622_5  

 

今日も蒸し暑い一日でしたが、パブで飲んだビールの味は格別。

目には見えないけれど、少しずつまた何かが始まりつつあるなと感じます。

 

応援クリックも宜しくお願いいたしまーす!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« ヴェネツィアで一番好きな...は? | トップページ | フェスタで賑わうフィレンツェの町 »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ〜〜! もう帰りの準備を考えながら!という領域に入ってきたのですね。
ブログを読んでいたBBにも あっという間の二月半でしたわ!eye
でも一緒に旅をしているようで、とても楽しかったです。
って、まだまだ終わりではありませんね。bleah

このアルキジンナージオ館の展覧会には行ってみたかったな〜。
イタリアを訪問した時に、何の特別展をやっているか!で 
ひどく得した気分の時と、 開催終了後で えらく損した気分になる時がありますよね。
素敵なご本を頂いて、『年内に完読』をBBも祈っていますワン。

昨日日本は夏至でしたが、とてもムシムシした暑い一日でした。
イタリアは暑いけれど、日陰に入ると涼しいので、散歩の時に、ジジと「イタリアに行きた〜〜!」ばかり言っていますぅ〜〜!bleah

BB様へ

欠かさず読んで頂いて、本当にありがとうございます。(まだまだ終わりではないですが)
荷物は今日観念して、もう一度発送することに決め、
早速あきらめていたハチミツを購入しました♪

今年はイタリア統一150周年ということで、各地でこういった展覧会が開かれています。
まだまだ知らないイタリアの歴史ですが、今回はこうした展覧会や、先日の教会コンサートなどで、
少しずつ教えてもらう機会に恵まれました。
こちらもなかり蒸し暑い毎日が続いていますが、
やはり日本(特に大阪)に比べると圧倒的に過ごしやすいです。
次回の訪伊に向けてりゅう家の皆様も、ご自愛くださいませ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴェネツィアで一番好きな...は? | トップページ | フェスタで賑わうフィレンツェの町 »