ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今、イタリアの本に囲まれて | トップページ | イタリアで学校へ行こう! »

2011年7月14日 (木)

リコルダーティ!ロベルタ家の生活

 

今回の滞在にあたって、一番重要で楽しみだったのは“どこに住むか”ということ。

語学学校の手配は、エージェントを通さず直接申し込みをし、住居の希望として独立アパ

ートと、シングル部屋の両方を提示しました。しかし学校から送られてきたのは、『アパート

を持っている女性の部屋を借りられるから、彼女に直接連絡してアポを取って』、というごく

シンプルなメール。日本の至れり尽くせりになれた身にはちょっと驚き。どちらかというと、

独立アパートを考えていたので少し迷いましたが、そのアパートのオーナー(ロベルタ)が

ボローニャの奥様とつながりのある人だったこともあり、またボローニャの家賃の高さを考

えるとやはり下宿がベストと判断し、決定!!結果からいうと、これは大正解でした。

 

20110714_1  

 

学校でも皆色々なスタイルで部屋を借りていました。アメリカ人の女の子はハッキリ、『他

人と住むのはイヤなの』、と独立アパートに。留学生5人と暮らしている子もいれば、イタリ

ア人家族にもてなされている人もいたり。皆それぞれの生活をエンジョイしているようでし

た。なので、性格や年齢、生活スタイルに合わせて選ぶのがベストで、今回私も最良の選

択をしたと思います。もし、独立アパートで一人で暮らしていたら、実際の1/3ほども滞在

を楽しめなかっただろうな。

とはいえそのオーナー、ロベルタとの生活はなかなか手強く、まずは決まりごとをレッスン。

何せ28世帯中、24世帯が泥棒に入られているコンドミニオで、それはそれは神経質にな

っていますから、出かける前は戸締りを万全に、最後にアラームをセットして。窓も日本の

ようにガラッと閉め、カチっと鍵をかけるというように簡単にはいきません。とくにバルコニ

ーは、毎回納戸から重たい脚立を持ってきて上り、ウルトラ頑丈な南京錠でガチャリと。出

かける前からかなりエネルギーを使いました。

 

20110714_2  

 

上の写真は、お互いパスクワのヴァカンスへ出かける前に置かれた、“RICORDATI”と書

かれたメモ。覚えておくこと!ということで、ほとんどChiudi(閉めること!)になってます(笑) 

雨どい、窓、網戸、天窓、テント、ガス、玄関、あちこち閉めて閉めてようやく外出。やれや

れ。全て身長168cmのロベルタサイズに仕様された家なので、158cmの私には何もかもが

高すぎて、常に椅子に上ったり、背伸びしたり。毎回、『ほらストレッチ、ストレッチ』とから

かわれたなぁ。メモ魔の彼女のこと、一つ閉め忘れた日には、昨日はこれを閉め忘れてい

た、とまたメモが残されています。私もどちらかというと几帳面なほうですが、所々にO型の

おおざっぱなところがでちゃうんです。でも褒め上手でもある彼女、完璧に閉めた日には

大げさに褒められたもんです。

彼女と過ごした数ヶ月は、なんだか自分が小さな子供になったような気持ちでした。

 

引き続き、応援クリックお願いしまーす!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 今、イタリアの本に囲まれて | トップページ | イタリアで学校へ行こう! »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ、そうですよね。
滞在中のロベルタさんとのあれこれを拝見していて、厳しいオーナーさんであると同時に
良い指導者でもある、と思っていました。

「大正解!」とrisonettaさんが感じられたのは、何事にもめげないで、前をむいて勉強する
貴女の努力の結果ですよ。
きっと そういうrisonettaさんのことをロベルタさんは認めて大好きだったはず。

イタリアに行って語学学校に通ったものの、イタリア人とはあまり話すことがなかった、という
お話をよく聞きます。

risonettaさんの選択はまさに最良!
それにパワフル旅上手にますます磨きがかかったようで、3か月とは思えない濃い~内容でした。

あっぱれ!

ありゃりゃ〜〜。
forchetta様が BBの言いたい事を、ぜ〜〜んぶ言って下さったワン。
私も言いたい、「あっぱれ〜〜!risonettaさん!」

forchetta様がrisonetta様にお手紙。 
そしたら、BBは 軽いからkaruketta様と命名しようかしら〜ん。bleah

forchettaさん、こんばんは!

あっぱれの言葉、本当に嬉しく感激です!
ロベルタは仰るとおり、本当にいい指導者でした。
実は長い旅に出るとき、後半は彼女のアパートを出ることも考えました。
でも、彼女と暮らすことで知る様々な事はとても貴重で、やはり戻ることにしました。
彼女からは、厳しい言葉と優しい言葉、どちらもたくさんもらいましたね~

でも、最初の頃は私も慣れていなかったので、小言が多く大変!
パスクワの旅に出た時、ボローニャのご夫妻に、
思わずsono libera!!と言ってしまいましたsmile


BB様、こんばんはhappy01

もうひとつ、あっぱれをありがとうございます!

karuketta様!かわいいですね~heart04
ここでは皆ettaシリーズでいきましょうか。
私のrisonettaは造語、なんちゃってイタリア語なのですが、
結構気に入ってます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、イタリアの本に囲まれて | トップページ | イタリアで学校へ行こう! »