ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« リコルダーティ!ロベルタ家の生活 | トップページ | レデントーレの祝祭~イタリアからの便り »

2011年7月18日 (月)

イタリアで学校へ行こう!

 

イタリア語の勉強を始めて、はや10数年。学校へ行く時間が取れず、ずっと独学でした。

初めの1年は夢中で勉強したなぁ。とにかく早く仕事を終え、帰って勉強したい!と、家事

もそこそこに夜遅くまで頑張って、本当に楽しかった。途中長いブランクがあり、最近はほ

とんど進歩せずにいましたが、ようやくイタリア語を習う機会がやってきました、それも現地

イタリアで!

 

20110718_1  

 

イタリアを旅するとき以外、ほとんど機会のない“会話”を中心に授業を進める学校に入

校。短期の生徒さんが多く、1週間単位で人が入れ替わるクラスは、大体5人前後の生徒

で構成されていました。幸い耳もすぐに慣れ、2,3日経つと先生の言っていることもほぼ

わかるようになりましたが、元々自分の気持ちや意見を話すことがとにかく苦手で、それ

がイタリア語になったからといって突然話せるわけはなく、なかなか言葉が出てこない自分

に内心凹みっぱなし。それでも、たまに自分の言いたいことをちゃんと伝えられたときは、

最高にうれしかった。

 

20110718_2  

 

年齢層は、下は17歳から上は70歳近くまで幅広く、私が通っていたときは60歳前後の女

性が多かったように思います。皆、ボローニャを選んだ理由として、“観光客が少なく落ち

着いた町だから”。これを一番に挙げていました。当然皆、イタリアに興味のある人たちで

すから、お互いのイタリアへの関心について話したり、情報を交換したり、特に食いしん坊

が揃った週は、食の話題に大いに盛り上がりました。週に何度かは、授業のあとに課外

活動があり、町歩きをしたり、アペリティーヴォを楽しんだり、近郊の町へ出掛けたりしま

す。でも、学校を離れると、みな意思疎通が容易な英語で話すことが多く、実は私はほと

んど参加せず。

ロベルタに話すと、『折角イタリア語を習いに来て、英語で話すなんて!じゃあ、あなたがイ

タリア語で話そうよ、って言えばいいじゃない』、と。仰るとおり....でもね、それ以外に

も大勢で何かをするのが好きじゃないの、と。とはいえ、クラスメイトと一緒にBARへ行った

り、夕食を食べに行ったり、久方ぶりに学生気分を満喫。

 

20110718_3  

 

学校に限らず、私が気に入ったのはファーストネームで呼び合う習慣。年下の人とも年上

の人とも名前で呼び合うのは新鮮で、敬語のように堅苦しさを感じず、年齢の隔たりなく話

が出来たことはとてもいい体験でした。学校嫌いの私ですが、やはり好きなことを習うのは

別みたい。最初の希望では、ずっとイタリアを旅していたい!と思ったけれど、こうして学

校に通うよう薦めて下さったボローニャの奥様に、今心から感謝しています。ここもまたい

つか、数十年後かもしれないけれど、戻りたい場所。もっともっと年をとっても、好奇心や

学ぶ気持ちをずっと持ち続けたいですね。

 

たくさんの応援クリックありがとうございます!Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« リコルダーティ!ロベルタ家の生活 | トップページ | レデントーレの祝祭~イタリアからの便り »

ボローニャ生活」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

ずっと不思議だなあと思っていたのですが、
本当にイタリア語を独学だけでがんばってこられたのですね。

その独学の手段はどのようにされていたのでしょうか?
因みに私の独学はNHKの語学講座から始まりました。
でも一方通行の学習が辛くなり、独学から離れて現在に至ります。

risonettaさんはずっと独学、それでいてイタリアの旅もお仕事もされているのですよね。
やっぱり、ひょっとして、絶対、(感心しているということですが)
貴女は才女だと思うな。

本当にすごい!
Bravissima!


『ロベルタに話すと、『折角イタリア語を習いに来て、英語で話すなんて!じゃあ、あなたが
イタリア語で話そうよ、って言えばいいじゃない』、と。』
この一言で ロベルタさんの性格が分かる様な気がします。
正直で、スルメイカの様な方なのね。(噛めば,噛む程…ってねhappy02

選んだ滞在地といい、選んだアパートといい、後から良い思い出となり、ラッキーでしたね。scissors

forchettaさん、こんばんは

お褒めの言葉ありがとうございます。
でも!穴があったり入りたいくらい、お恥ずかしゅうございますbearing
勉強した時間が長いだけで、私のイタリア語は本当に情けないくらい
メタメタで...恥のかき捨てでここまでやってきました。
その辺りの実情も書かないと、誤解を与えてしまいそうですね!?

独学の初めは私もNHKラジオでヒアリングを、
そして文法は優しいイタリア語初級本を徹底的に覚え、
あとは語彙を増やし、イタリア語検定3級を目標にしました。
その後も色々試しましたが、イタリア人とのメール交換、これが一番楽しかったですね~
あとはやはり本!たくさんの本が私の先生でした。

でも、結局語学は苦手で、イタリアが好きだからこそこうして細々と続けています。
でも今回、学校で学ぶことの楽しさに目覚めました!


BB様(ですよね?)、こんばんは!
 
いいところに気づいて下さいました!
ちょっと困ったところもあるロベルタですが、こういう率直なところが好きでした。
そして、時々日本人的な曖昧さをみせる私に、イラっとしていましたよ。

彼女の性格は、私の極身近な人にとても良く似ていて、
私はこういう人に縁があるのかしらと不思議に感じました。
イタリア滞在がこうも充実したわけは、
こうして率直に意見をしてくれる人たちに恵まれたからかなと思っています。

初めて投稿します。いつも楽しく拝見しております。

私は、今年の春に初めてイタリアを旅行した際、
なかでもボローニャがすっかり気に入ってしまって、
来年の春はボローニャに(超短期)語学留学をしたいと
思っているところです。

あちらこちらに旅行されて、 risonetta さんの行動力は素晴らしいですね。
これからも、イタリアでの出来事、少しずつ更新していただけるのを
楽しみにしています。

serena様、初めまして。

ボローニャへの語学留学、素敵な計画ですね。
帰ってきたところですが...うらやましいです!
是非是非、あの知的な町の雰囲気を満喫し、
楽しんでいらして下さい!

そして、私の体験が少しでも滞在のご参考になると幸いです。
ぼちぼちの更新ですが、また遊びにいらして下さいね。
嬉しいコメントをありがとうございましたconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リコルダーティ!ロベルタ家の生活 | トップページ | レデントーレの祝祭~イタリアからの便り »