ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 素敵で嬉しい、思い出のイタリア語 | トップページ | 笑う門には福来たる »

2011年8月28日 (日)

ボローニャに生きるボノニア

 

前回書いたように、ボローニャという町は古くから交通の要所でした。紀元前の古代ロー

マ時代から、リミニとピアチェンツァを結ぶVia Emiliaが築かれ、様々な人、文化、思想が

交差する新奇に富んだ町でした。アペニン山脈の麓に寄り添い、パダーナ平原に繋がる

土地で得る豊かな水と肥沃な大地は、ボローニャが与えられた大きな財産。交差する人

や文化、豊かな自然、時に過酷な歴史が、この町と人を育て鍛えたのだろうと感じています。

 

Panoramadibologna1_3    

  

そんなボローニャの町の由来を、かいつまんでご説明すると...

紀元前6-4世紀、ボローニャの町はエトルリア人によって築かれ、“Felsina(フェルシー

ナ”という名で呼ばれていました。この名、一説では“Fertile”(肥沃な)に由来すると言いま

す。今もボローニャ人が“I cittadini felsinei”と呼ばれ、ボローニャにたくさんの“Felsina”と

名のつくお店や工房があるのは、エトルリア時代のこの名が、今も受け継がれているから

なんです。

 

続いて紀元前3世紀頃、Felsinaの町にケルト人がやってきました。戦いに勝利した彼等は

この町に“Bononia(ボノニア)”という名を与えました。ものの本によると、ケルト語の“Bona”

(建設・基礎)に由来すると言います。実はこれを書くにあたって、ボローニャの歴史に精通

したロベルタ女史にも助言をもらったのですが、『きっと恐らくBononiaは、ドイツ語の“Bonn”、

そして卓越した町の“onia”に由来し、つまりBononiaはBella Citta(美しい町)を意味する。

そしてその後、この地を統治した古代ローマ人はケルト人がつけたこの名を引継ぎ、ボロ

ーニャをBononiaと呼んだことからは、ラテン語にもなっている』というのが彼女の説でした。

 

Genusbononiae  

  

この“Bononia”も、Barの名やお店などで時折見かけることがあります。

そして、今ボローニャの町で見られる修復プロジェクトの名“Genus Bononiae”にも...。

 

【Genus Bononiae - Musei nella città】の公式サイト(イタリア語)

 

ラテン語のこの言葉、ちょっと難しいのですが“ボノニアの末裔”、あるいは“ボノニアの血

統”と訳せばいいでしょうか。CARISBO・ボローニャ貯蓄銀行財団の頭取の発案で始まっ

たこのプロジェクトは、ボローニャの歴史的旧市街にあるパラッツォや教会を修復し、美術

館や図書館、コンサート会場として一般に提供しようというもの。2011年2月からオープンし、

現在チェントロの8ヶ所で、無料公開されています。

 

Sangiorgioinpoggiale  

 

私もそのうちの7ヶ所を、美術を専門とするボローニャの奥様の案内で訪れましたが、ど

の建物も教会もそれは見事に修復され、そこに現代の美の粋を加え、なんともいえない心

地よい空間となっています。滞在中、何度となく訪れ、美術やピアノコンサートをで楽しんで

きました。上の写真は、元々教会だった建物を利用した美術と歴史専門の図書館、San

Giorgio in Poggiale(サン・ジョルジョ・イン・ポッジャーレ)。読書室は、クラウディオ・パルミッ

ジャーニの現代アート作品で飾られ、静謐な図書館の雰囲気と見事に融合しています。

 

滞在時に更新した以下の記事でも、他の美術館や教会について書いています。

『ボローニャの美的空間~GENUS BONONIAE』

 ・San Giorgio in Poggiale(サン・ジョルジョ・イン・ポッジャーレ)

 ・San michele in Bosco(サン・ミケーレ・イン・ボスコ)

『ボローニャで音楽に出会った日』

 ・San Colombano(サン・コロンバーノ)

 ・Chiesa di Santa Cristina(サンタ・クリスティーナ教会)

 

住民から得たお金で町の財産を美しく蘇らせ、そこで住民に文化や娯楽を提供するという

この還元の発想。日本にも、そういう知的発想と実行ができる企業家が多く現れることを

望みたいです。この他にも、現代のボローニャに生きるBononiaの末裔の心意気は、町の

様々なところで見ることができますので、また別の機会に少しずつ触れてまいりますね。

 

“ボローニャという町”はゆっくり更新ですが、クリック頂けると嬉しいです。Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 素敵で嬉しい、思い出のイタリア語 | トップページ | 笑う門には福来たる »

ボローニャという町」カテゴリの記事

コメント

risonettaさん、こんばんは。

以前の記事にあった 美しい装飾が施された楽器(チェンバロだったかしら?)のある
サン・コロンバーノも この8ヶ所のひとつだったのですね。
ぜひとも訪れたいと思いGenus Bononiae のサイトは早速「お気に入り」に入れました。

risonettaさんが あとひとつ訪れていないところはどこですか?
ゆっくり味わいながら 7ヶ所も訪れることができたのは、あの幸せな長期滞在のおかげ
ですよね。

そしてそれを提供してくれた「Genus Bononiea」の心意気。

forchettaさん、こんばんは♪

お目に留めて頂いたサン・コロンバーノは、ボローニャの美術館の中でも、
特にお薦めしたい場所。母がやってきたときもここへ案内しましたが、何度
行っても雅な雰囲気が素敵で、館員の方々もとても親切に説明して下さる
ので、気持ちよく観賞できますよ。

そして、私が訪れていないのはCasa Saraceniなのです。
ここはモストラの機会しか開いていないようなので、次回こそは!
サンタ・クリスティーナ教会も普段は開いていないなので、
偶然ロベルタにコンサートに誘われ、本当にラッキーでした。

今思い返しても、後悔のない過ごし方ができ、まさに幸せな長期滞在!
何十年経っても、この3ヶ月のことは忘れないような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵で嬉しい、思い出のイタリア語 | トップページ | 笑う門には福来たる »