ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 花の香りにボローニャを思う | トップページ | レジョナーレで行こう! »

2011年10月22日 (土)

イタリアの港町を歩いた

 

イタリアから戻り、職場に復帰してからというもの、仕事一辺倒で過ごしている私。望むとこ

ろといっても、あまりにも入れ込みすぎているのを見かねたのか、『たまには神戸でも歩こ

や』と言ってくれたので、素直に喜んでOK!

  

20111021_3kobe  

 

折角の、久しぶりの神戸。ハーバーランド?異人館?どこ行く!?なんて、最初ははしゃ

いで計画を考えたけれど、美術館も休みの月曜日。結局行き当たりばったりで、本当に

ぶらぶらと神戸散歩を楽しんできました。

  

20111021_1ancona  

 

港町の神戸を歩くとき、まず思い浮かべたのが、パスクワの休暇で訪れたアンコーナの

町。マルケ州の州都であり、大型船も停泊する立派な港を持つ港町。ボローニャのご夫

妻と一緒にアンコーナの坂道を歩き、今回の滞在でも深く心に残る晩餐を過ごした町。

翌朝、高台に立つホテルで朝食を取りながら望む窓からは、大きな港の姿が。

ご主人が窓際から手招きをし、外を指差して言いました。

『risonetta、見てご覧。フェリーが出て行くよ。素晴らしい景色だ。』

港から出発するため、静かに舵を外海へと向ける大型フェリーの姿はなんとも美しく、常

にどこか遠くへ!と夢見る私には、ワクワクすると同時に、そうはできないことへの切なさ

を感じる光景でした。このアドリア海に面した港から発つフェリーは、ギリシャ、トルコ、クロ

アチア、アルバニアへ向うのです。

 

20111021_2trieste  

 

そして、イタリアとお別れする前に訪れたトリエステの町。ずっと昔からこの町が持つ歴史

に興味惹かれていたのですが、正直に言うと、港町を常に恐れている私。どの国に行って

も、混沌とした雰囲気に溢れる港町が苦手で、一人で訪れるのは避けていたのです。で

も、トリエステはエレガントな町だから、と薦めてくださるボローニャのご夫妻やロベルタの

言葉を信じ、訪れてみると、それはもうまさにその通り。特にボローニャの奥様がリストア

ップしてくださったトリエステの歴史的カフェ巡りは、イタリア贔屓の私にさらに楽しみを加

えました。

 

20111021_4venezia  

 

そして、ヴェネツィア。普通の港町のイメージとは全く異なる特別な都。何回も、何十回も

訪れても飽きることない憧れの都。イタリアとお別れする間際のあの日、ちょっと感傷的

になって、ヴェネツィアの風を感じながら夕刻の散歩を。ザッテレ際を通る大型フェリーの

姿に驚き、何度もシャッターを切ったことがまるで昨日のことのように思えます。

 

なぜ、こうもイタリアに惹かれるのでしょうね...

いつもご覧いただき、ありがとうございます。Grazie mille!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 花の香りにボローニャを思う | トップページ | レジョナーレで行こう! »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の香りにボローニャを思う | トップページ | レジョナーレで行こう! »