ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イタリアの港町を歩いた | トップページ | ヴェネツィアの太陽の下でオンブラ »

2011年11月 5日 (土)

レジョナーレで行こう!

 

このブログを書こうと思ったときはいつも、イタリアで撮った写真を少しずつ眺めます。

初夏のイタリアで過ごした3ヶ月間の大切な思い出。デジカメで撮った写真は、多い時は

日に200枚以上あり、本当に元気いっぱいに思いっきり欲張って過ごしたな。

 

20111104_1  

 

学校が終った後、ピッツァを頬張って、小走りでボローニャ中央駅へ向かい、手早く切符

を購入。掲示板でホームを確認したあと、列車に飛び乗り、今日は西へ、明日は東へ。

そのどの列車もRegionale、普通列車でした。学校の皆にとって、私の活動は驚きだった

ようで、翌朝の授業の始まりには、『risonetta、昨日はどこへ行ったの?』と聞かれ、報告

するのが恒例に。

 

20111104_2

 

そして長年の習慣から、休みの日も変わらず早起きの私。常に手帳を見て、きっちり予定

を立てるロベルタには、予め行き先と朝出かける時間を告げておき、彼女たちが寝ている

早朝は、物音をたてないようアパートを出て、まだ人っ子ひとりいないチェントロの大通り

のバス停から、ボローニャ中央駅行きのバスに乗ったものです。そうしてちょっとミラノへ、

ヴェネツィアへ、ドロミテへと、ボローニャから楽しい遠征。北のメラーノを目指したときは、

確か5時起きで、レジョナーレを乗り継いで5時間以上かけてやっと到着。険しくなったり、

優しくなったり、そんな山々が迫る車窓からの眺めは、忘れられない風景です。

 

20111104_3

 

どうして、こうもじっとできないのか。その落ち着きない性格ゆえに、たくさんの町を訪れ、

たくさんの人とふれ合えたんだと思いたい。特に各駅停車の列車でののんびり旅は、同

席の人と話をするのが楽しくって。袖振り合うも多生の縁というから、そんな短い出会い

も私の持っていた運命。こんなにもたくさんの縁を、イタリアに持っていたなんて、なんだ

か不思議で嬉しい。

 

20111104_4  

 

そして今、毎朝毎晩電車に乗り、仕事に通う毎日。私たち日本人にとっての電車と、イタ

リアの町と町をつなぐ列車は、まるで違うものだなぁと改めて思います。旅情をそそるホ

ームのアナウンス、賑やかな列車の中、いつかまたレジョナーレでのんびりと旅する日

が訪れますように。。。

 

ブログランキング参加中!クリック頂けると嬉しいです。Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« イタリアの港町を歩いた | トップページ | ヴェネツィアの太陽の下でオンブラ »

イタリアを旅する」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
最後の一行に笑ってしまいました。
『いつかまたレジョナーレでのんびりと旅する日が訪れますように。。。』
↑ だってrisonetta さんが のんびりしているのは、文章からみると 列車に乗っているときだけの様で…。
うんにゃ〜〜。 列車に乗っている時も,出会いを大切に!っと…。
 
本当にアクティヴに動き回りましたね。これにはロベルタさんもびっくりなさったのでは?
 
そして、もう腰は大丈夫ですか?
ジジ&ババは 今も 時差ボケと戦っています><:

BB様へ

改めましてお帰りなさいませ!
日本に戻られて、旅の余韻を感じていらっしゃるでしょうか。
長引く時差ボケは辛いですね...どうかご自愛下さいませ。

腰は順調に快復し、とにかく慌しい日々が続いていますが、
ふとイタリアで過ごした日々を思い出しては、懐かしくなります。
あの3ヶ月ほど、時間を大切に思ったことはないかも。
それぐらい、一日一日を丁寧に欲張って過ごしたように思います。
日本でもそんな過ごし方ができるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアの港町を歩いた | トップページ | ヴェネツィアの太陽の下でオンブラ »