ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月26日 (木)

ボローニャ生活案内、そして思い出の地図

 

ボローニャに到着して2日目。

これからこの町で生活するにあたって、必要な場所や事柄をボローニャの奥様とご一

緒に、街を回りながら教えていただきました。

 

20120409_2

 

書店、美術館、学校、郵便局や銀行など、私の生活に必要な場所を確認して、美食の

町といわれるボローニャでも、特に美味しいものやビオの食品が手に入る市場やショッ

プ、おすすめのバールやカフェを回り、チェントロの老舗食材店タンブリーニでセルフサ

ービスのランチで乾杯を。まだまだ、ボローニャで暮らすことが夢のよう。。。

 

20120426_3

 

そして、ボローニャで暮らす上で、知っておくべきなのが足の便。ボローニャはバス路

線がとても発達していて、バスに乗ればどこへでも行ける、というくらい便利な環境。こ

れを使わない手はありません。主に学校、アパート、駅を結ぶバスを、路線図を見なが

ら伝授。アパートは大通りに面した好立地です。その代わり、築400年近いコンドミニ

オは、バスが通るたびに振動でガタガタと!図太い私はすぐに慣れましたが。

 

20120426_1

 

すぐ近くのバス停は、たくさんの線が走る東西を結ぶ大通りに面し、滞在中は、そのバ

ス停を始点に、ボローニャの町を西へ東へ。歩くのが大好きな私も、後半足を痛めてか

らは本当にバスに良く乗りました。ちなみに、私が到着する数ヶ月前に、バス運賃が値

上げされ、1回1euroが1.20euroに。10回分の回数券‘CITY PASS’は、8.50euro11.00

euroになっていました(2011年7月当時)。

詳しい情報は、ボローニャ公営交通機関のHPをご参照ください。

  

20120426_2

 

そしてこれは、滞在中にずっと使っていたボローニャの地図。これとバスの路線図を

常にバッグに入れ、お昼休みに取り出しては、今日はどこへ行こうかなと考えたもの

です。また滞在中、ご夫妻やロベルタ&ガエターノ、学校の先生、クラスメイト、町の

親切なたくさんの人たちに、おすすめの場所、教会や美術館、ショップ、レストラン、

ジェラテリーアなどを教えてもらい、その都度皆に地図に書き込んでもらいました。

3ヶ月使い込んだ地図はヨレヨレになり、折り目は破れてしまっていますが、しっかり

日本へ持ち帰り、今は大切な思い出の地図となっています。

 

ブログランキング参加中。クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年4月16日 (月)

prendiamo il sole!!

 

4月、数日前の雨で桜の見頃も終わり、春はあっという間だなぁと思っていたのに、

数日前からの風邪のせいか、今日はストーヴをつけたいくらいの寒さに。

幸い、今日は家で過ごせる日。自宅で仕事をしながら寒い寒いと手をすり合わせ、

作業をしていました。ところが、集中しようにもなかなかはかどらず。一日中家におっ

たらアカン!、と思い切って気分転換に出掛けることに。

 

20120417_1

 

昨年の4月上旬。イタリアに到着した頃は、30度を越す異常な気温の高さ。

おまけにイタリアの中でも、特に湿気の高いボローニャのこと、急な蒸し暑さに私

は少々バテ気味。それからは、ボローニャのポルティコを本当にありがたく感じな

がら、学校に通い、町を巡る毎日でした。

 

20120417_2

 

まだ4月、そしてまだまだエアコンの普及の少ないイタリア。その中で美術館や教会

の中はひと時の清涼を与えてくれる貴重な場所です。教会の中庭は緑も多く静かで、

読書や勉強をするに最適の場所でした。

 

20120417_3

 

また、車で出掛けたときには、郊外のいわゆる地ビールのお店に案内してもらい、

市販のイタリアンビールではなかなか味わえない濃厚な味に、のどをうるおしホッ

と一息。

 

20120417_4

 

4月で30度越えなら、7月,8月はいったいどうなるん?、と初めて過ごすイタリア

の夏に戦々恐々とする毎日でした。

 

ところが数日もすると、気温は一気に下がり、10度前後。コートを着たくなるほど

の寒さに。学校の教室はもちろん暖房はなし。授業を受けながら、皆で寒い寒い!

と。休憩時間には、『prendiamo il sole!!(陽を浴びよう!)』と、熱々のカッフェ、

そして日本よりもずっとずっと近く感じる太陽を求めて、教室を飛び出したものです。

日本では、あれほど陽に焼けることを嫌っていた私も、思わず太陽の正面に座り、

『あったかーい!』と言葉が飛び出すほど。

 

そして1年後の今日、あまりの寒さに、思わず太陽を求めて外へ出た私。でも生憎

の空模様に少しがっかり。ますますイタリアの太陽が恋しく、ボローニャ再訪への思

いが募るのです。

 

ブログランキングに参加中、クリック頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年4月 6日 (金)

イタリア出発から一年。ボローニャ到着!

ご無沙汰しております。突然のブログ更新です。

 

昨年の今日は、イタリアへの出発を明日に控え、仕事の引継ぎをし、家族と愛猫と

日本酒で晩酌をし、重量オーバーの荷物と格闘していました。大震災の後も、楽し

みな気持ちを抑えきれず、それゆえに葛藤しながら迎えた出発でした。

その日のブログはこちら

 

20120407

 

当日は、家族が関空まで送ってくれて、チェックインまで一緒についてきてくれたので

すが、それが幸い。スーツケースが重量オーバーで引っかかり、それは想定内だった

ので、優先外のものを省いて再度計量。それでもアウト!ルフトハンザ、こんなに厳

しかった!?100gのオーバーでも許してくれません。これは想定外。もうこれ以上省

けないという4度目の計量で、なんとかスーツケースを預けることが出来ましたが、家

族に持ち帰ってもらった荷物はいったい何kg?ただし帰国後、その荷物をみると、ノ

ートとかヘアームースとか。。。持っていかなくてよかったなと。やはり一度は体験し

てみなければわからないですね。

こうしてなんとか、機上の人となりました。

 

飛行機でのお隣は、エンジニアの男性。アジアや中東へ技術指導へ行くのだとか。今

回もフランクフルトで乗り換えて、かなり遠い国へいらっしゃるそうで、過去の体験談を

お聞かせいただきながら、楽しく乾杯をしつつ機内食を食べたり、ウトウトしているうち

にあっという間にドイツ・フランクフルト空港へ到着です。

 

20120407_2

 

ここでの乗り換えは2時間、ちょうどいい間隔です。ところが荷物検査で、なにやら

引っ掛かったらしく、手荷物の中身を全て出され、おまけに小部屋に連れて行かれ、

変圧器を検査機械にかけられました。いやいや厳しい。。。

その後は順調にボローニャ行きの飛行機に搭乗。定刻通りに到着しました。

いつもは真っ暗な到着のグリェルモ・マルコーニ空港、まだまだ陽が高い!

 

お迎えに来て頂いたボローニャのご夫妻とは、半年振りの再会でしょうか。「私、とう

とうやってきました!」と。ちょっと大げさですね。でもね、本当にそれぐらい格別な思

いだったんです。

ボローニャへようこそ!と、さっそくお勧めのボローニャ郊外のトラットリアへ。

 

20120407_3

 

ボローニャといえばボロニェーゼやトルテッリーニが有名ですが、皆でワイワイ食べ

るなら、やっぱり私はこれが一番好き。クレシェンティーナ!!ボローニャのプロシュ

ートやフォルマッジョの美味しさは格別。これを存分に味わえるんです。

 

20120407_4

 

付け合せの酢漬けがまた美味で!特にこの玉ねぎ、チポッリーネが最高。滞在中は

ヘビーローテーション。もちろん瓶詰めをたくさん日本へ持ち帰りました。

美味しいヴィーノ、そして締めにはグラッパ。念願のイタリアでの新生活に、少し緊張

していた私を、ほっこりほぐして下さったご夫妻に、改めて感謝します。

 

20120407_5

 

そして、最後にザバイオーネのドルチェを。

すっかりご機嫌になって、お二人の家へ向かい、長旅の疲れも全く感じることなく、

それからも夜中1時まで奥様とおしゃべり。色々なしがらみや過程がありながらも

とうとうやってきたよー、イタリア!!と内心興奮状態。家族への報告を兼ねて、到

着初ブログを更新し、爆睡したのでした。

その日のブログはこちら

 

また、ぼちぼちとこんなこと&『ボローニャという町』を書いていこうと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »