ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月20日 (火)

チューブを降りると、そこにはビッグ・ベン!

 

昨日は、ロンドンブリッジから雄大な空の下のタワーブリッジを眺めたあと、周辺をブラ

ブラと散策。ちょっと下町なのか、屋台風にお店が出ていたり、なかなか楽しい場所でし

た。夕食にはインド料理をセレクト。私は、ロンドンでの食事は全部パブでもいいくらいな

のですが、さすがに母はう~んといった感じ。通りを歩いているとインド料理店がいくつか

あり、久々にアジア料理にしようかということで、よさそうな一軒のお店に入ってみました。

 

20110514_29

 

お味はまあまあ。インド人の店員さんたちの濃ゆい接客がなかなか面白い。

会計をクレジットカードで行うと、チップもカードから引くから『チップはいくら払う?』と。

ストレートな問いに、さすがと感心したりして。ある意味思い出に残る夕食でした。

 

201105154_2

 

さて、一夜明けて、今日も元気に一日ロンドン観光!

朝ゆっくりしようと言いながら、結局8時過ぎにはホテルを出発。近くのスターバックスで

チャイとマフィンの簡単な朝食を。ラッセル・スクエア駅からチューブに乗ります。この辺

りは緑が多く、お天気にも恵まれ、気持ちのいい朝。

朝一番、チューブに乗って訪れたのは、ウェストミンスター寺院。

 

201105154_4

 

地上に上がると、大きな時計台ビッグ・ベンがドーンとそびえ立ち、その突如現れるロ

ケーションに感激。名前からもっとごつい塔を想像していましたが、なかなか趣があって

素敵ですね。

 

201105154_5 

 

国会議事堂の建物も、さすが元王宮とあって、とても壮麗で落ち着きがあります。

後ろには、世界一の高さ(135m)の観覧車、ロンドン・アイの姿も。

 

201105154_6

 

ウェストミンスター寺院へと向かう途中、こんなかわいい観光バスが。

ロンドンは色々なバスツアーがあるようなので、次回は利用してみたいものです。

 

201105154_7_2

 

高さ95mのビッグ・ベン。その鐘の音も、ロンドンの思い出に。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年11月13日 (火)

ロンドンにて。タワーブリッジに届かず...

 

ホテルにチェックインし、少し休憩した後、またロンドン観光に出掛けます。やっぱり観

てみたいロンドンのシンボル、タワーブリッジ。チューブに乗って、最寄り駅へ。

 

20110514_22

 

と思ったのですが、地下鉄のサークル線が何故かタワーブリッジの手前までしか行か

ず、何人かに聞いてもなまりがつよくて言葉がわからない。正統派英語が得意な母は

聞き取れず、逆に正統派でない英語の方が聞き取れる私。でも今回はどちらも撃沈。。。

イギリスは移民の人が多いから、意外と英語が通じにくいよ、という話に納得しました。

それにしてもインターナショナルな町です、ロンドンは。

  

20110514_23

 

結局あきらめて、別の線でロンドン・ブリッジへ。タワー・ブリッジまで歩ける距離ですが、

美しい橋は渡るより遠くから眺めるほうが良い。ということで、、ロンドン・ブリッジから

タワー・ブリッジを眺めることに。この辺り、モダンでユニ-クな高層建物が建設中。こ

れもオリンピックに向けてなのでしょうか。

 

20110514_24

 

壮大で気持ちいい風景!橋の左横にロンドン塔がみえています。多くの暗い歴史を持

つロンドン塔、母は入りたくないというし、私も別段関心がなかったので、こうして遠くか

ら眺めてよかったのかもしれません。

 

20110514_25

 

大きな船が停泊中。この船が通るとき、跳ね橋が上がったのでしょうか。

風が強い中、雲の流れとテムズ河の雄大な景色を満喫しました。次回は是非テムズ

河クルーズをしよう。

 

20110514_27

 

帰り道、近くの教会から鐘の音がリンゴンリンゴンと鳴り響いています。鐘の練習をして

いるのでしょうか、とても素敵でした。イギリスの小説やドラマが好きな私たちは、駅名や

その雰囲気にとても親しみがあって、あぁ、これが!と思うことしきり。

ロンドン観光、まだまだ続きます。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年11月 8日 (木)

ロンドン初ランチはやっぱりパブ!

 

大英博物館の鑑賞を終え、ここで一息。

朝食を簡単に済ませたので、すっかり空腹の我々母娘。どこで昼食にしよっか?

ロンドンへは、下調べもそこそこで旅立ったため、少々行き当たりばったり。

でも、ロンドンでは絶対パブに行きたい!というのが、二人の共通の希望なのです。

  

20110514_14

 

大英博物館前にあるパブの名は、MUSEUM TAVERN(ミュージアム・タバーン)。

1700年代前半の開業で、後で知ったのですが、シャーロック・ホームズの作者である、

コナン・ドイルも常連のように利用していたとか。なかなかいい雰囲気なので、試しに

入ってみることに。

 

20110514_15 

 

このように、とてもわかりやすいメニューがあり、イギリス初心者にもオーダーし易いシン

プルさです。

 

20110514_16

 

照明を抑えた店内では、自然の光の中でクラシックな雰囲気を楽しむことができます。

カウンターに並ぶビールのサーバーに、どれにしようかと迷います。正直どれがいいの

かわからない。でもやっぱりエールかなぁ、私はビターにしよう!そしておかわりを。

 

20110514_17

 

オーダーしたのは、フィッシュ&チップス!そしてその他フライとディップがついたセット

です。どちらかというとビールを楽しみたかったので、食事は少なめに。二人でシェアし

ました。お隣に座った、西欧人のお母さんと息子さんも、私たちのプレートを見て、それ

にするわ!と、一皿ずつ注文を。なかなかの美味に、顔を見合わせニッコリ。

モルトビネガーをたっぷりかけ、憧れのパブランチです。

    

20110514_18

 

大英博物館を望むテラス席。でもロンドンでは、何故かあまり外で食べようと思わなかっ

たですね。イタリアから来るとぐっと気温も下がり、晴れていてもどこか重い空気が漂って

いたように感じます。

 

20110514_19

 

今回のホテルは、大英博物館近くのLONSDALE HOTEL。

節約旅行のため、こちらロンドンでも場所重視で、ペンションのような宿を選びました。

 

20110514_20

 

安宿のため、水周りはかなり古かったのですが、この窓から見える大きな中庭の景色

がなんとも情緒があって、素敵でした。それにしても、ロンドンは寒い。毛布を追加して

もらい、ストーブをつけてもらってやっと一息です。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年11月 5日 (月)

ロンドン観光、まずは大英博物館へ

 

今回のロンドンのホテルは、チューブ(地下鉄)のラッセル・スクエア駅付近です。

11:30にホテルに到着し、まだチェックインできないので、早速歩いてすぐのところに

ある大英博物館へ。

 

20110514_7

 

神殿のような佇まい。ここに大英帝国が世界中から集めた、700万点近くもの、一級の

美術品が収められているんですね。但し、展示されているのは15万点ほどに限れらてい

るとか。それでも到底観切れないほどの数です。

 

20110514_8

 

イギリスの美術館は寄付制度のところが多く、ここも同じ制度。言わば無料で、寄付と

して箱へお金を入れる仕組み。そうして膨大なコレクションを観ることができます。幾度

か有料化が検討されつつも、無料公開を続けるその心意気に、ささやかながら寄付を。

 

20110514_10 

 

内部は大変広く、特に目当てがない私たちは、1フロアを一回り。

教科書やTVなどでみたあれやこれやを見つけるたびに、そう、これこれ!と記憶が蘇

り興奮。こちらは、アウグストゥスの胸像。

 

20110514_11

 

この馬の頭部の、なんというリアリティ。この時代、既に美は完成されています。

  

20110514_12

 

一度観てみたいと思っていたこのエジプトの壁画。見つけることができました。

生き生きとした表現、そして豊かな色彩。想像以上の美しさでした。 

 

20110514_13

 

駆け足の鑑賞を終え、外に出ると先ほどの青空から一転、雲が覆っています。

変わりやすいお天気に、ロンドンへ来たんだなと実感します。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します♪Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

2012年11月 3日 (土)

パリ発!ユーロスターでロンドンへ

 

パリ一日観光を終え、今日は次なる地ロンドンへ!

快適だったパリのホテルをチェックアウトし、タクシーを呼んでもらいます。駅までバスで

行くつもりでしたが、前日バス停に貼られた紙を見て、フランス語ながら、ストの予告だと

思ったので、用心してタクシーにしました。

  

20110514_1

 

向かったのは、ノルド駅。ここから、ユーロスターに乗って、ロンドンへ向かいます。

イタリア贔屓の我々母娘ですが、イギリス小説大好きの私たちには、どことなく親近感

がわく地なんです。

  

20110514_2

 

パリのノルド駅は、こじんまりした機能的な駅です。ここがロンドン行き、ユーロスターの

出発点。それにしてもユーロスターのチェックインカウンターはどこ??

 

20110514_3

 

フランス語はもちろん、英語もままならぬ私。予約したチケットの発券機が見つからず、

ちょっとイライラしつつ右往左往。結局母の助けで、2階にチェックインカウンターがある

ことがわかりました。手続きは飛行機の搭乗とほとんど同じ、かなり厳重です。そう、

パリからロンドン、国境を越えるんですよね。イミグレーションの親切なマダムに尋ねな

がら、用紙に記入し、無事出国。

  

20110514_4

 

構内にあった、大好きなPAULのパンを買い、ユーロスターに乗り込みます。

2等だったからか、ユーロスターの車内は、本当に普通でやや拍子抜け。座席も思った

よりも狭く、座り心地はいまひとつでしたが、揺れもほとんどなく快適に進みます。同じ車

両には、インド人らしき大家族が久しぶりの再会なのか、話はつきず賑やかに。

  

20110514_5

 

車窓の風景も緑の濃い穏やかな田園が続き、飛行機よりもこちらのほうが快適かもし

れません。そして、気づかぬうちにトンネルを抜け、ドーバー海峡を渡っていました。

そう、ドーバー海峡を渡るのも、私の夢の一つ。いつか船で渡ってみたいな。

 

20110514_6

 

ロンドンに到着!

翌年開催のロンドンオリンピック、五輪がお出迎えです(2011年5月当時)。

ガイドブックを読んで、ウォータールー駅に到着するものと思い込んでいたら、実はここ

はキングスクロス駅。情報が古かったのかな?ちょっと混乱しましたが、チューブに乗り

換え、無事ホテルへ到着。早速、ロンドン観光へ繰り出します。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します♪Grazie!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »