ブログランキング参加中



  • にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

risonettaのショップ&ブログ



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« フィレンツェのカンティネッタ・ヴェッラッツァーノ | トップページ | フィレンツェ共和国を守護したダヴィデ像 »

2015年1月26日 (月)

フィレンツェの華、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

 

昼食後、まず訪れたのはフィレンツェのドゥオモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

です。フィレンツェに来たなら、やはりここに足を運ばないと。

華やかで愛らしい色彩のファサード、ほっそりと美しいジョットの鐘楼、そしてダイナミック

なクーポラ。その均整のとれた美しさは比類なく、何度観ても世界一美しい大聖堂だなぁ

と思います。

 

20141205_23

 

観光シーズンは、中に入るための行列ができていることもあって、最近は外観だけ観て

終わることも多いのですが、オフシーズンの今回は、内部もしっかり観てきました。
 

 

20141205_24

 

外観の華やかさから比べると、がらんとした印象のある聖堂内部。

でも、クーポラの下に立って、上を見上げてみると。。。
 

 

20141205_25

 

ヴァザーリの描いた壮大な世界が広がっています。

ここに描かれているのは、最後の審判。天国へ召される者、地獄へ落とされる者、

その明暗が彼独特の表現で描かれています。

ここに来たなら、是非この絵を間近に観ながらクーポラに上りたいもの。登りついた先には、

トスカーナの美しい景色が望める天国が待っています。
 

 

20141205_26

 

聖堂内部の壁には、対のように二人の馬上の人物が描かれています。

こちらは、パオロ・ウッチェッロによる『ジョン・ホークウッドの騎馬像』。フィレンツェの

傭兵隊長であったイギリス人です。この頃、遠近法はまだ完全に確立されていませ

んでしたが、すでに立体的に見えます。
 

 

20141205_27

 

こちらは、アンドレア・カスターニョの『ニッコロ・ダ・トレンティーノの騎馬像』。

こちらのほうは装飾が凝っていて、より緻密です。ただ、彫刻を描いた絵となると、ウッ

チェッロのほうがより彫刻らしい感じがします。この2つのフレスコ画、見比べてみるの

も面白い。
 

 

20141205_28
 

 

あまりの大きさにがらんとしているように見えますが、色々な装飾が施された聖堂内部。

訪れるたびに発見があって楽しいのです。
 

 

20141205_29

 

ろうそくに火を灯もし。
 

 

20141205_30

 

外に出ると、雨上がりの青空に映える鐘楼の姿が。

 

ブログランキング参加中。クリックお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ

人気ブログランキングへ

« フィレンツェのカンティネッタ・ヴェッラッツァーノ | トップページ | フィレンツェ共和国を守護したダヴィデ像 »

2014年12月◆イタリアを旅する母娘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィレンツェのカンティネッタ・ヴェッラッツァーノ | トップページ | フィレンツェ共和国を守護したダヴィデ像 »